ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

草の匂いのする里

2013年04月19日 | ガジ丸通信-環境・自然

 実家は那覇市の街中にあり、生活に便利である。便利とは、バス停が近い、モノレールの駅までも徒歩10分程、徒歩5分圏内には3つの銀行、郵便局、2つのコンビニ、いくつもの飲み屋、食い物屋、いくつもの病院、ひとつの小学校がある。
  徒歩5分を少し超えた所に中規模の公園があり、そこまで行けばデイゴやガジュマルの木に出会え、草の匂いを嗅ぐことができる。が、実家の周りはコンクリートとアスファルトに囲まれている。庭のある家も少なく、庭があったとしても玄関前のほんの小さなスペースしかない。実家の北隣はその小さなスペースにツツジなどを植えているが、南隣と東隣の家、そして私の実家の敷地には土の地面がほとんど無い。
 隣家との間は隙間も小さい。3軒とも1~2m前後しか無い。よって、実家の西は道路に面して明るいが、隣家のある北、東、南に面した部屋はいつも暗い。 

 先月、千葉に住む弟が帰省した際、「定年になったら沖縄に帰ろうかと考えている」と彼が言うので、「なら、この家を残しておいて、ここに住めば?」と私は提案した。弟の答えは「この家は暗い」であった。暗いので住みたくないということだ。
 私は、暗さはあまり気にならなかった。私の部屋が他の部屋に比べて比較的明るかったせいかもしれない。そういえば、居間や食堂、トイレなどは昼間でも電灯が必要で、弟の部屋なんかはそんな中でも特に暗かった。私が実家に住む気になれないのは、暗いからというのでは無く、実家の敷地には土の地面がほとんど無い、という理由である。

 従姉の息子の女房M女は美人で賢い私好みの女性で、よくメールのやり取りをし、たまには会って話もする。彼女とは楽しい時間を過ごせる。であるが、彼女には大きな欠点が2つある。1つは「酒が飲めない」で、もう1つは「虫が苦手」。「苦手」はアリさえも嫌がるほど。小さな蛾が体に着いただけでギャーギャー言う。
 飲みに行く以外にデートアイテムが無いという私にも問題があるが、酒が飲めないのでデートに誘えない。また、虫が苦手なので土いじりも難しい。草の間、地面の上、地中にたくさんの虫がいる私の畑でお手伝いなんて、とても無理。というわけで、彼女と私は共有できる時間をほとんど持てない。よって、メル友付き合いとなる。残念だが。
 「大地は命の糧、草の匂いは命の息吹」だと私は思うのだが、虫が嫌いで野良仕事もできず、草原を歩き回ることもできない、そんな人は今、きっと増えているのだろう。コンクリートとアスファルトの社会が育て上げた人種なのかもしれない。
          

  私が小学一年まで住んでいた家は庭があり、祖父がトマトやトウモロコシなどを育てていた。小学二年の時に今の実家に引っ越した。その頃、周りの道路がアスファルト舗装され始めた。それでもまだ、2軒隣には空き地があり、草が茂っていた。徒歩5分ほども行くと、小金森という名のちょっとした森があり、少年たちはコーラル(サンゴ石灰岩)敷きの道を歩いて小金森へ入り、木に登り、草に埋もれ、泥んこになって帰った。
 私が土の地面に愛着を持っているのは、そのような子供の頃の幸せな体験があったからかもしれない。土に触れていると安心感を得られる。草の匂いを嗅いでいると気持ちが良い。私の終の棲家は草の匂いのする里以外には無いと思っている。
          

 記:2013.4.19 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミズスマシ | トップ | アオドウガネ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。