ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

豆乳

2017年02月17日 | 沖縄の飲食:飲物・酒肴・嗜好品

 風邪引きの飲物

 豆乳を飲み始めたのはいつ頃だったか、若い頃の私は牛乳が好きで、夏、したたか汗をかいた日などはビールジョッキに冷えた牛乳を入れてグビグビ飲んでいた。
 いつ頃からか定かに覚えていないが、たぶんオジサンと呼ばれるようになったアラフォー辺り頃からだったか、私は牛乳が飲めなくなった。牛乳を飲むと下痢をするようになった。飲めないものは飲まなくていいという考えの私は、それ以降牛乳を飲んでいない。
 そうだ、1つ思い出した。私がまだ250CCのバイクに乗っていた頃だから40歳を少し過ぎた辺り、友人Mの家に遊びに行った時、牛乳の話になって、
 「それまで大好きだった牛乳なのに、数年前から飲めなくなった。」と言うと、Mの女房、才色兼備の良妻賢母Hさんも「私も牛乳は飲まない」と話し、
 「牛乳は飲まなくていいです。今の牛乳は抗生物質に汚染されていて身体に良くないです。カルシウムはヒジキで摂取すればいいんです。」ときっぱり言い放った。

 もう1つ思い出した。これは数年前のこと。友人の料理人、才色兼備の良妻(については?バツ一なので)賢母H(偶然だが、Mの女房と同じ名前)さんの店へ顔を出した時のこと。ある本(名前は忘れた)をHさんが「これ読んでみて」と貸してくれた。大雑把にいえば食の安全の本だ。その中に「牛乳は牛の赤ちゃんが飲むもので人間が飲むものではない」とあった。その意見については、私には少々異論もあるが、Hさんも「牛乳なんて飲まなくても良いです。カルシウムは他からいくらでも摂れます」と言い放った。
 2人の才色兼備が言い放ったからではなく、私は彼女たちからそう聞く前から牛乳を飲んでいない。私の場合、牛乳を飲まないのではなく飲めなくなったのだ。
     

 牛乳は飲めなくなったが豆乳は全然平気。全然平気だが、飲む機会は極めて少ない。何しろ、豆乳より好きな飲み物が私にはたくさんある。ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、ブランデー、泡盛、焼酎などなど。いずれも豆乳より遥かに好き。
     
 ノンアルコールの飲物でも、家にはコーヒー、紅茶、緑茶が常備されていて、これらは豆乳よりずっと価格が安いので日常の飲み物となっている。
 豆乳は特別な日にしか飲まない。特別な日とは風邪など引いて身体が弱っている日。若い頃の私は年に1回は風邪を引いて数日は寝込むほどの症状になっていた。2001年1月から始めた粗食小食、その数年後からだから今から約10年ほど前以降、私は風邪をあまり引かなくなった。引いても熱が出るとか身体がだるいとかはなく、鼻水が出て、翌日には痰が出て、「あー、風邪だったんだ」と気付くような軽い症状で済んでいる。というわけで、ここ10年ばかり豆乳を飲む機会はなかった。
 今年(2017年)1月末、久々に寝込むほどの風邪を引いた。で、久々に豆乳が欲しくなった。風邪を引いている間には間に合わなかったが、風邪が治って数日後、毎週火曜日近所を行商している豆腐屋、美味しい豆腐を提供してくれる池田屋の豆乳を購入し、飲んだ。これがまためちゃくちゃ濃くて美味くて、ヌチグスイ(命の薬)となった。
     

 身体が弱った時に豆乳が飲みたくなる理由は不明。私の身体がそう欲している。おそらく、豆乳の成分の中に病気に対する抵抗力を高めるものがあるに違いない。化学も家庭科も苦手で、未だにその方面には知識の無い私なので、それが正しいかどうかは不明。
 ちなみに、豆乳を広辞苑で調べると、
 豆乳
 豆腐製造の際、水に漬けた大豆をすりつぶした豆汁を加熱して漉こして得た白濁液。古くから牛乳や母乳の代用としてきた。
 とのこと。成分については書かれていなかった。風邪に効くとも無かった。

 記:2017.2.15 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳酸菌飲料 | トップ | 2017.2.17 ミーガクサリーガ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。