ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

炎天下の情熱

2016年06月24日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 私の部屋のすぐ傍は畑になっていて、夜になるとそこに住むカエルが大合唱を始める。夜中目を覚ますたんびに聞こえるので、おそらく一晩中鳴いているのだろう。
 朝5時過ぎになると、カエルの声は止み鳥の声が聞こえるようになる。この時期は、ヒヨドリの声も聞こえるがメジロの囀りが大きい。たまにはホトトギスの声も聞こえる。5時半頃になると、鳥の声をかき消すかのようにアブラゼミが大合唱を始める。
 夏農夫は、朝6時までに畑へ着きたい、そのためには4時半起床しなければならない。しかし、私が目覚めるのはメジロの囀りが聞こえる頃、目覚めてもすぐには起きず、ベッドでグダグダして5時半頃に起きている。何でグダグダしているのかというと体がだるいから。連日の暑さの中、暑さに耐えながら畑仕事を続けた、その疲れだと思う。
 日曜日も激しく暑かった。休憩する回数が増えて、1回の休憩時間も長くなる。午後1時、昼飯食った後も小屋前テントの陰でグダグダしていたら、ラジオで「県民大会」の実況中継をやっていた。「ぞくぞく人が集まっている」と言う。この糞暑い中、一般市民がぞくぞく集まっているようだ。開会は午後2時、閉会は午後3時半、この糞暑い中、早く着いた人は2時間半も炎天下に立つ。その情熱に私は大いに敬意を表したい。
          
          

 大会のラジオ中継は午後1時から3時半頃までだったが、その間の1時間ほどを私は聴いていない。「何をしていたんだ?」って、もちろん、畑仕事だ。炎天下で肉体労働だ、おそらく、会場で立っていた人達よりも多くの汗を私は流したと思う。
 「俺も大変なんだぜ」という大会へ参加しなかった私の自己正当化はともかく、聴いていなかった1時間のことも気になったので、火曜日(21日)、ネットのできる環境へ行って大会の事、その内容、大会に対する意見などを伝える新聞記事に目を通した。

 沖縄タイムスの記事によると、「元海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し海兵隊の撤退を求める県民大会」(主催・オール沖縄会議)が19日午後2時から、那覇市の奥武山公園陸上競技場をメーン会場に開かれ、主催者発表で6万5千人が参加した」とのこと。写真も載っている、やはり炎天下だ、そこに6万5千人。沖縄の未来を何とか良い方向へ持って行きたいと願う人々が集まったのだと思う。真摯な情熱だ。
 関連するネットニュースをあれこれ見ていると、おとぼけ官房長官がまたもおとぼけコメントをしていた。朝日新聞の記事による。
 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、元米兵による女性殺害容疑事件に抗議した沖縄県民大会に自民、公明両党が参加しなかったことに関連し、「よく県全体(の大会)という話がされるが、それはまったくあたらない。沖縄にある11市のうち9人の市長が出席していない。自民、公明、さらに維新も出席しなかった」と述べた。
 とのこと。もしも官房長官が、「誠に痛ましい事件だ、あってはならないことだ」と本当に思っているのなら、炎天下に集った6万5千人の想いに先ずは言及し、そして、「大会は被害者の追悼だけなく基地撤去も謳っていた。基地は沖縄に押し付けるというのが自民党の考えなので、残念ながら参加できなかった」となるのではないだろうか。
 炎天下の情熱は並々ならぬものがあると、炎天下で「糞暑い!」と叫んでいる農夫は理解している。大会に出席しなくても出席した人達と同じ想いの県民はさらに多くいる。
          

 記:2016.6.24 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漫画やアニメより面白いもの | トップ | 空手・未来のチャンピオン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。