ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

野暮な人生

2013年06月14日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 「野暮用でちょいと遅れました」というセリフをテレビドラマか何かでよく聞く。野暮用、「くだらない用事」という解釈を私はしていたが、広辞苑を引いてみた。
 「取り立てて言うほどのものでない、つまらない用事。趣味や遊びに関わらない、仕事のための用事」(全文)とのこと。「くだらない用事」という解釈は当たっているが、後半の「趣味や遊びに関わらない、仕事のための用事」までは考えが及ばなかった。
 「野暮」は「世情に通ぜず人情の機微をわきまえないこと。特に、遊里の事情に通じないこと」(全文)と広辞苑にある。
 野暮に対する言葉として「粋」というのがある。これも広辞苑、
 「人情の表裏に通じ、特に遊里・遊興に関して精通していること」(第二義抜粋)のことで、「人情の機微」をわきまえていると粋、わきまえていないと野暮、あるいは、「遊里の事情」に通じていると粋、通じていないと野暮となる。
 わざわざここで宣言しなくても、私の友人知人などにはよく知られていることだが、私は「人情の機微」においても、「遊里の事情」においても全くの野暮である。

 野暮用という言葉があれば、粋用という言葉もあるかというと、それは無い。「粋用でちょいと遅れました」と言うと、「遊里で可愛い女と情愛を交わしていて遅れました」ということになりそうだが「粋用」という単語は広辞苑に無かった。「情事、いろごと」という意味では「粋事」という言葉がある。これも悲しいことに私には無縁。
 野暮用の意味の中で「趣味や遊びに関わらない、仕事のための用事」を私に当てはめると、日常の私はほぼ野暮用ばかりだ。畑仕事は楽しみでやっていたので趣味と言っても良かったのだが、夏の炎天下での作業を考えると「楽しみ」とはならない。むしろ、苦行と言っていい。滝に打たれる代わりに太陽に焼かれるみたいなもの。

  野暮用は畑仕事だけでは無い。畑仕事以外の野暮用も多くある。先々週は、
 法務局へ行って抵当権抹消手続きの方法を聞き、銀行へ必要な書類を取りに行く。不動産屋と会って家土地売買の交渉をする。車の点検で整備工場へ行く。
 市役所へ住民票を取りに行く。法務局で抵当権抹消手続きをし、銀行へ借りた書類を返しに行く。家を買いたいという人に実家を案内する。
 今週もまた、銀行へ必要な書類を取りに行き、法務局へ抵当権抹消手続きの不足分書類を届け、車の補修で整備工場へ行き、家を買いたいという人に実家を案内した。
 などということをしながら、もちろん畑にも通っていた。

  畑は今、土木作業と除草作業を主にやっている。土木作業は台風対策のためのアンカー作り、水捌けを良くするための勾配作りで、穴掘ったり、土削ったり、土運んだり、土均したり、穴埋めしたりなどなど、力のいる肉体労働を太陽に焼かれながらやっている。出来上がりつつあるのを見るのは楽しいが、作業そのものは辛い。全くの野暮用。
 ただ、救われているのは、こうやってブログを書いたりする時間があること。それは全くの趣味で、野暮用では無い。野暮用では無いが、粋な事でも全く無い。いつかネオン街のお姉様達に「粋なお人」と呼ばれたいが、それはきっと無理ですな。
          
          

 記:2013.6.14 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タテスジヒメジンガサハムシ | トップ | ヨツメオサゾウムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。