ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

バカな自由

2006年09月15日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私は、女女(おんなおんな)している女も苦手だが、男男している男も苦手である。男男しているというのは、ケンカが強く、腕力で他人をリードし、負けず嫌いで、「俺について来い」みたいなタイプ。暴力が嫌いなので、暴力的なのが嫌いなのかもしれない。強制されることが嫌いなので、「ついて来い」が嫌いなのかもしれない。
 テレビで見たか、雑誌で読んだか記憶が定かで無いが、ある文化人(その時、特に気にならなかったのでその名前も覚えていない)が「松田優作を好きじゃないという男は、奇をてらっているだけだ」みたいなことを言っていた。私は気をてらってはいないが、松田優作が、少なくとも男として(良い俳優だとは思う)は好きでは無い。もう一方の”男”である高倉健は大好きである。「静かな強さ」を私は好む。

 松田優作は、好きでは無いが、もちろん嫌いでもない。彼の主演した『探偵物語』は毎週欠かさず観ていた。その松田優作の長男が俳優であることは知っていたが、その次男もまた俳優らしい。ちょっと前にテレビのワイドショーか何かに出ているのを見た。
 まだ二十歳位のその次男が、私が二十歳を過ぎてからなお二十年をかけてやっと「そうなのであるか」と理解したことを、その若さで既に解っているようなのである。
 「食べたいという欲望(食欲ということ)から自由でありたいですね」と彼はテレビのインタビューに応えて言ったのである。
 私が、「自分の欲望を野放しにすると面倒な事になる」ということを知ったのは二十歳を過ぎた頃であり、「いや、著しく面倒な事になる」と認識したのは三十歳手前になってからであり、「欲望からの自由」を考えるようになったのは四十になってからである。
 生きるのに十分食べたのなら、それ以上食う必要は無い。良い気分になるのに十分飲んだのなら、それ以上酒を飲む必要は無い。食欲や性欲など欲望の出所である大脳辺縁系、その望む通りに行動する必要はまったく無いのである。
 私は、私が私として認識する私が、奥深くにいるもう一人の、欲の塊である大脳辺縁系の呪縛から逃れれば、もっと自由に想像ができ、もっと楽に私自身の生き方を楽しめるのではないかと思った。四十歳になってから私が理解したというのは、「自分の欲望をコントロールできるということが、実は、自由になるということ」であった。

  「俺は自由だ」なんて言って、周囲の迷惑を顧みず、自分の欲望のままに行動するということは、だから、私の考えからすると「自由」では無い。酒飲んで車運転して人を轢き殺したり、親を殺したり、子を殺したり、なんてことも実は、「大脳新皮質(理性脳)の不自由」から来ているのではないかと私は思う。バカなのである。

 9.11からもう5年も経ったとのこと。アメリカは悲しみから5年が過ぎたが、イラクでは、ずっと長い間悲しみが生まれ続けている。アメリカの自由は、少なくとも沸酒大統領の考える自由は、「自分たちさえ良ければ」という欲望の塊にすぎない。まったく、バカな自由だと私は思っている。
          

 記:2006.9.15 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風Ctrl機 | トップ | 恋愛同一性障害 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。