ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ミッキーマウスノキ

2017年07月16日 | 沖縄の草木:中木

 邪魔なものがあったときに「どけろ」と言うが、それをウチナーグチ(沖縄口)の発音では「ドゥキレー」となる。邪魔なものが重くて動かせない時は「できない」と言うが、ウチナーグチにすると「ディキラン」となる。などなどと、ウチナーグチにはディ、ドゥの発音が普通にある。つまり、ウチナーグチのダ行はダ、ディ、ドゥ、デ、ドという発音になるわけである。口と舌の動かし方を考えると、これが自然だと私は思う。
 ウチナーンチュならディズニーと言うが、倭人の中にはデズニーと発音する人が多いと思われる、日本でもっとも人気のあるアミューズメントスポットへ、私は未だ行ったことが無い。若けりゃ恋人と一緒にと思うが、若くないし、恋人いないし、である。
 14、5年前だったか、アメリカのワシントンDCへ遊びに行った時、フロリダのディズニーワールドへ足を伸ばさないかとの話があった。が、その時も結局は行けなかった。というか、自らの意志で行かなかった。元々、遊園地で遊ぶということが、子供の頃はともかく、大人になってからはあまり興味の持てるものでは無かったのだ。もちろん、一緒に行く人が美女であれば別なのだが、その時は姉夫婦とだったので、あっさり断った。

 こんな私でもミッキーマウスはよく知っている。何しろ、ミッキーマウスは私の生まれる前から存在し、本やテレビ、映画などで子供の周りにちょくちょく顔を出すので、物心ついたころには私も、その名前と姿を覚えてしまったわけである。
 もう10年以上も前のことだが、ミッキーマウスノキという名の木があることを聞き、それが通称では無く、本名であることを知ってドゥマンギたことがある。マンガのキャラクター名が植物名になったりもするのか、と驚いたのである。花の形状がミッキーマウスの顔に似ているからついた名前らしい。歴史の古いミッキーなればこそである。
 なお、ドゥマンギルとはウチナーグチで「ビックリする」といった意味。

 
 ミッキーマウスノキ:添景・鉢物
 オクナ科の常緑中木 原産分布は南西アフリカ 方言名:無し
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』ではミッキーマウスツリーとの名称であったが、『沖縄園芸植物大図鑑』にはミッキーマウスノキとあり、この名を耳にすることが多い。言葉として発音しやすいし、優しい感じがするので、ミッキーマウスノキで良いと思う。
 英語ではBirds-eye bush、またはMickey-mouse plantとなっていて、ミッキーマウスノキはこれからきている。直径5cmほどのきれいな黄色い花が咲くが、花弁はすぐに散って、顎片が赤色に変わり、楕円形の黒い石果が付く。赤い色の顎片が顔で、黒い石果が目。果実が2個ある場合はミッキーの顔に見えるが、写真のものは1個しかついていなかった。その後、残念ながら花は咲いていない。和名はキバナオクナという。
 高さ2mほどになるが、成長は遅い。日当たりの良い場所では良く花を咲かせ、実をつけてくれる。半日陰でも十分に生育するので、観葉植物としても利用される。英語でbushとあるように株立ち性。自然に成長させても形は整う。開花期は4月から9月。
 科名のオクナ、これは初登場で、私も始めてお目にかかる。オクナ科の植物は、以下の文献を見た限りでは他に無い。オクナは学名を日本語発音したもの。
 
 花
 
 鼻無し
 
 耳無し

 記:島乃ガジ丸 2005.10.10 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マサキ | トップ | ムクゲ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。