ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

体の力

2016年04月15日 | ガジ丸通信-科学・空想

 去年の今頃、高校の同級生Mから「Tが癌になり手術をした。今、家で療養中だ」と聞き、その時、Tの携帯番号も聞いた。MがTと呼ぶのは私の中学時代の友人Oのこと。Tという愛称(芸名でもある、彼はミュージシャン)を持っている。MとTは仕事上の付き合いがあり、Mを介して私も大人になってから何度かO(愛称T、以降Oとする)には会っており、一緒に飲み食いしたこともあり、彼の家に招かれたこともあった。
 お見舞いの言葉でもかけようと、早速その日の内にOに電話をする。が、取らない。数時間後にも電話したがやはり取らない。体調不良で電話を取ることもできないのかと思って、以後は遠慮する。6月になれば私の畑はエダマメが収穫時期となる。それを手土産にして、その時に改めて電話、もしくはショートメールするかと予定した。
 ところが、去年のエダマメは10株ほどしか収穫できず、病気なのか害虫なのか不明だが残りは全滅。ならば、ゴーヤーやナーベーラー(ヘチマ)などの夏野菜が収穫できたら見舞いに行こうと予定したが、夏野菜は台風にやられ、ほぼ全滅。ならばジャガイモ、ニンジンなどの冬野菜だ、ということで、ついに年が明けてしまった。

 2月13日、友人の父上の告別式が那覇であり、「ジャガイモを土産に、ついでにOに会いに行こう」と思い立ち、告別式の後、Oの家(那覇の中心街にある)へ向かう。その途中、「待てよ、喪服の格好では、縁起悪いと不愉快な思いをさせないか?」と思ってしまい、「きょうは止めよう」と決め、車の行き先を我が家へと変更した。
 そんなこんなで、「Oを見舞いに」も頭から離れつつあったが、3月の下旬、MからOの携帯アドレスを知らせるメールがあった。その後さっそくOへメール、「5月から6月にエダマメが収穫できるからそれを持って行くよ」と送ったら、
 「5年前に大腸癌の手術をし、その後リンパ節、肝臓、骨、肺へと癌が転移し、今は抗癌剤治療で夜は眠れず・・・」といった衝撃的内容の返信が来た。「こりゃあ、近い内に会わなけりゃ」と思い、メールのやり取りをして、「近い内に会おう」という話になる。それから3週間ほど過ぎた先週土曜日、やっと会うことができた。
          

 もう何年前になるか、30年以上前になるか、2、3度訪れたことのあるOの家、大体の場所は覚えていて、車をゆっくり走らせていたら彼の名の表札がすぐに見つかる。チャイムを鳴らす。玄関を開けて出てきた30年以上ぶりのOは、以前と変わっていた。白髪が増えていて、オッサンになっていた。それは私も同じだ。しかし、予想外に、変わっていたのはそれだけだった。癌があちらこちらに転移している病人には見えない。
 Oは中学の頃から肥満体で、大人になるとさらに肥満は増して(100キロ超)いた。今見るOの体付きは30年前と変わらない。肌の色艶も良い。声にも張りがある。「本当に癌?」と疑うほどの元気さであった。「食欲は変わらないんだよ」とOは笑った。
 抗癌剤治療を受けた後の数日は体調が悪く、立つことさえ苦しい時もある、しかし、それ以外は普通。外へコーヒー飲みに行くし、買い物して、料理もするとのこと。
 肥満体だったOは、しかし運動能力は長けていた。力も強く、足も速かった。脂肪も多く抱えていたが、脂肪の下に筋肉も多く持っていたのだろう。そのお陰かどうか、彼の体には力がある。体の力とは「疾病に対する抵抗力」でもある。Oはそれが強いようだ。
          

 記:2016.4.15 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 救いの歌 | トップ | 2011秋八重山オヤジ2匹... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。