ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

先ずは1キロ減らそう、食を

2013年10月04日 | ガジ丸通信-社会・生活

 家からナッピバルまでは5キロメートルほどあり、その往復だけで私は1日10キロほど車を運転し、週に1~2回は宜野湾にある小さな畑ナツヤにも通っているので、だいたいだが、畑仕事の日々であれば私の運転距離は週に100キロとなる。
 私の車がリッター20キロという燃費の車だとすれば、2000円分(今のガソリン価格は約150円)30リットル入れれば、600キロ走れる分となり、それは、畑仕事だけの日々とすれば、6週間分のガソリンとなる。ではあるが今、2000円分のガソリンは2週間で消費している。実家に通うことが多いからだ。家の中の片付けがあり、不動産屋の相手もしている。実家が片付かないことには、私の省エネは始まらない。

 「メタボリックナンバーワン・・・」で始まる歌がラジオから流れる。沖縄県は肥満度全国一とのことで、さらに、長く長寿1位の座を守り続けていた沖縄女性がその座から滑り落ち、3位となってしまったこともあり、「・・・取り戻せ長寿沖縄・・・」と続く歌まで作って、体重を減らそうキャンペーンをやっているらしい。エレベーターでは無く階段を使いましょう、歩きましょう、運動しましょうなどと訴える。
 それとは別のラジオ局だが、「1キロメートル歩けば何カロリーの消費となる、ケーキ1個食べたら何キロメートル歩けば良い」などという番組があった。それは良い情報だと思う人がいるかもしれないが、痩せている私は「そりゃ変だろう?」と思った。

  例えば、私の車に30リットルのガソリンを入れたとする。ガソリン30リットル分車が重くなったからといって、それを消費するために私は600キロメートルのドライブに出かけることは無い。30リットルは日常必要なエネルギーとして、畑仕事だけの日々であれば6週間、実家が片付かない間であれば2週間で淡々と消費されていく。
 つまり、「食べたら体を動かそう」では無く、「体を動かすので食べる」がエネルギーの消費と供給の本来の形ではないか?と私は思ったわけである。
 メタボの人は、既に体の中にその日1日十分動けるだけのエネルギーとなる脂肪が蓄えられているが、さらに食う。食うので供給過多となり、体は重くなる。既にガソリンタンクの中には満タンに近いガソリンが入っているのに、さらにガソリンを入れるとしたらガソリンタンクをもう一つ車に備えなければならない。車だって重くなる。

  ラジオから流れる「体重を減らそうキャンペーン」の歌は、「・・・先ずは1キロ減らそう」と締めくくられる。そのキャンペーンの特番があって、それに挑戦している代表者3人が「私はダイエットを始めて7キロ減量しました」などと言い、「食事はいつもと変わらずに食べていました」と続けた。つまり、運動で減量したらしい。
 その特番を聞いていたら、全体的に「いつもと同じように食べて減量する」ことに価値があるように感じられた。でも、と痩せている私は思う。ケーキ1個食べたら2キロメートル歩かなければならないとしたら、そのケーキ1個を我慢すれば、ケーキ代も歩く時間も節約できるではないかと。いつもと同じように体を動かして、食べる量を1キロ減らせば「食費が浮くよ」と貧乏人の私は思うのだ。余った食料は、食料の足りない人達へ回せば世界平和にも繋がる。節約して資源を分け合う、これぞ省エネの王道、と思う。
          
          

 記:2013.10.4 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャボチカバ | トップ | リョウリバナナ »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。