ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

基地の跡地利用案

2012年01月20日 | ガジ丸通信-社会・生活

 独り者の私は自分一人が食う分だけを確保すれば良いので、貧しい(日本国の中、あるいは先進国の中ではという限定)けれども、生きるだけを考えるなら気分は楽である。できれば高級な酒も飲みたい、できれば高級な肴を食いたい、できれば大好きな旅にも出たい、できれば美女とデートもしたい、などと思うが、「生きているだけで幸せだぜ」と思えば、そういったことができないからといって、何の不幸も感じない。
 自分一人が食う分の確保を目指して、2年ほど前から親戚の空き地を借り、甘藷(サツマイモのこと、沖縄で芋と言えばこれ)や野菜を作っている。借りている土地は約100坪の広さで、バナナ、カキ、シークヮーサー、マンゴーなどの果樹、リュウキュウコクタンなどの庭木、園路、刈り草置き場、トイレなどが占める部分以外、つまり、野菜畑として活用できる面積は目一杯利用したとして30坪ほどだ。

  たったの30坪ではもちろん、自分一人が食う分さえの確保もできない。今はまだ練習のつもり、もう少し勉強して、30坪での生産が計画的、安定的に確立できるようになったらもっと広い、300坪ほどの農地を借りるつもりだ。あと何年かかるだろう?
 30坪とは約1アールである。芋を主食にするならば300坪で1人分の自給自足は何とか可能だろうとこの2年、畑仕事をしていて結論を持った。300坪とは10アールである。てことは、1ヘクタールあれば10人の人間が何とか食っていけることになる。電化製品はどーする?旅行代はどーする?レストランでの食事代はどーする?などはちょいと棚に上げて、「生きるに十分な食物を得る」ということを前提としている。
 それを前提に考えてみた。今、というか数年前から「移転する、辺野古にする、少なくとも県外にする、やっぱり辺野古にする」などと話題になっている普天間飛行場、その面積は約480ヘクタールある。1ヘクタールで10人の人間が食っていけるので、普天間飛行場を芋畑にすれば4800人分の食料が生産できる。
 普天間飛行場はまだ序の口だ。嘉手納飛行場とその隣の嘉手納弾薬庫を合わせた面積は約47000ヘクタールある。47万人分の食糧生産ができる。さらに言えば、沖縄の米軍基地の総面積は約24万ヘクタールある。その広さの半分を宅地、店舗、道路、公園、公共機関などに使ったとして12万ヘクタールを芋畑にする。すると、約120万人分の食料が生産できる。120万人、現在の沖縄県の人口とほぼ同数となる。

 まあ、現実には芋ばっかり食っているわけにもいかず、衣食住の衣、住にも金がかかるし、教育費や酒代も必要だし、あるいは、天変地異で思うように芋の生産ができない場合もあろうし、沖縄の基地を全部返してもらたからといって、120万人分の食料が手に入るわけでは無い。ただ、単純に計算するとそうなるということだ。
 沖縄は小さな島だ。沖縄県の面積は全国の約166分の1しか無い。その日本だって小さな島だ。世界の陸地総面積の394分の1しかない。世界中の軍事基地の総面積はいったいどれくらいあるだろうか?陸地面積と単純比例して沖縄の米軍基地の6万倍あったとしたなら、そこを芋畑にしたなら、720億人分の芋が生産できる。いつになったら戦争の無い世界になるのか知らないが、いつになったら軍隊の要らない世界が来るのか知らないが、武器を捨てて鍬を握ったら、世界に飢えは無くなるはず。
          

 記:2012.1.20 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツメナガセキレイ | トップ | 民謡酒場 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。