ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

成否判明のゴールに向かって

2014年12月26日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 地震と台風が一緒に来たみたいに、いやいや、もうすぐ正月だというのにそんな縁起でもないことを言ってはいけない。妖艶な人妻とピチピチの可愛いギャルに、この貧乏オジサンが同時に惚れてしまった時みたいに・・・説明すると、私は惚れてしまうと手紙書いたり、デートに誘ったりすぐに行動するので、2人同時だととても忙しいのである、ってことを表している。いやいや、それでは判り難い。早く言えば盆と正月が一緒に来て、その準備に追われている主婦みたいに、つまりは慌ただしい12月である。

 畑仕事はいくらでもある。ダイコンや芋(甘藷:サツマイモのこと)の収穫作業、終わりのない草刈作業の他に、11月頃から手掛けている苗畑作り、これは地面部分はできあがったが、雨除け作り作業がまだ手つかずの状態。防風ネット作りは12月から始め、支柱を立て、一昨日水曜日に網を張り終えて完成。芋掘りも少しずつやっているが、掘った芋の蔓を挿し木しなければ後の芋が無くなるので芋を挿し木するための芋畑も作らなければならないが、これは手間のかかる作業で、まだ2割も終わっていない。 果樹園作りという作業もある。これも少しずつだが進んではいる。12月にオリーブ、ゲッケイジュ、アセロラ、モモ、ゴレンシ、タンカンなど予定していたものを植え終わった。でもまだ、あと20鉢ほどが果樹園に定植されるのを、今か今かと苗畑で待っている。
 草刈もほぼ毎日少しずつやっているが、これはもう、一ヶ月前に刈った草がもう伸びているので、毎日やっても終わることが無い。朝、顔を洗い歯磨きするのと同じような、生きるに必要な作業だと思ってやっている。私が暇を持て余すことは無いわけだ。
 畑仕事をしながら、地主さんの家に行き、予定していた報告書作りは断念したが、畑で採れたダイコンを手土産にこの一年の報告をしにいった。部屋の掃除や年賀状書きなど、その他の雑用もコツコツとこなしている。充実した師走となっている。
          

 そんなこんなしながら、非常に面倒臭いこともやっている。何度も書いているが、ブログの引っ越し作業。これがとても面倒臭い。「やる必要があるのか?お前のブログを見ている人なんて少ないぞ、そう役に立ってないぞ」と自問する。
 私は争いを好まない大人しい人間である、と自分で思い、おそらく周囲からも概ねはそう思われている。さらに、これは誰からも言われたことが無いので自信は無いが、自分では思慮深い方だと思っている。そんな私なので、「お前のブログを見ている人なんて少ないぞ、そう役に立ってないぞ」については「確かに」と冷静に納得はする。でも、
 でもしかし、少なくとも、ブログを書いている自分自身は書くことを楽しんでいる。人生は楽しまなきゃと思っている私なので、ブログはあった方が良い。しかも、私の日常を書いているので、将来これをまとめれば自伝にもなる。「俺も老いた、もうそろそろ冥土への旅支度をせにゃぁ」となった時、その自伝を読み返し楽しめるだろうと思う。

 2014年も終わろうとしているが、害虫にやられ、長雨に困り、台風に泣きと、素人農夫には試練が続いているが、頑張っても怠けても時は過ぎるので頑張りも怠けも私はしない。目の前の作業を淡々とやるのみ。そのうちいつかゴールが見えるはず。成功のゴールという訳では無い。成功しているか失敗しているかが解るゴールだ。それで良し。
          

 記:2014.12.26 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハシボソガラス | トップ | コブハクチョウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。