ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

シオカラトンボ/ホソミシオカラトンボ

2011年05月09日 | 沖縄の動物:昆虫-トンボ目

 田園風景2

 広辞苑のシオカラトンボの項に、「雌はムギワラトンボとも呼ばれる」とあった。ムギワラトンボ、何かしら懐かしい想いに駆られる。おそらく小学校高学年の時の少年雑誌か何かにその言葉があったのだろう。懐かしさと共に、記憶に無いはずの田園風景(沖縄に田んぼはほとんど無い)の絵が浮かんだ。田んぼの、まだ頭を垂れるほどではない稲の上をムギワラトンボが飛んでいる。麦藁帽子と重なって、夏の風景となっている。

  シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ホソミシオカラトンボの判別が素人の私には難しい。オオシオカラトンボは大きく、ホソミシオカラトンボは小さく、シオカラトンボはその中間とのことだが、並べて見比べないことにはどっちがどっちやらだ。
 ただ、『沖縄の昆虫野外活用図鑑』にオオシオカラトンボの「成熟した個体は頭部、特に複眼が黒くなるために」シオカラトンボやホソミシオカラトンボと簡単に見分けられるとあった。シオカラトンボは大人になっても目が青いということのようだ。ホソミシオカラトンボは目だけでなく、胸部まで青くなるとのこと。

 青い目、というと思い出す。「とんぼのメガネは水色メガネ、あーおいお空を飛んだからー」という童謡。広辞苑にはまた、シオカラトンボは(田んぼのある倭国では)「最も普通のトンボ」ともあった。そうか、青い目のトンボはこれであったか。

 
 シオカラトンボ(塩辛蜻蛉):トンボ目の昆虫
 トンボ科 日本全国、台湾、ヨーロッパ~中央アジアなどに分布 方言名:アーケージェー
 広辞苑に記載があって、塩辛蜻蛉という字が充てられている。何故シオカラ(塩辛)なのかについては不明。日本酒好きのオヤジの多くは塩辛(イカでもカツオの腸でも)が好きだが、トンボがまさか、酒が好き、塩辛が好きってことはあるまい。
 広辞苑に、「晩春から夏にかけて現れる最も普通のトンボ」とあったが、『沖縄の昆虫野外活用図鑑』に「沖縄島では、水田の減少に伴い本種も減少した。」とある。沖縄では普通のトンボではないようだ。私もたぶん、あまりお目にかかっていない。
 腹長33~38ミリ。成虫の出現は2月下旬から10月。

 
 ホソミシオカラトンボ(細身塩辛蜻蛉):トンボ目の昆虫
 トンボ科 トカラ列島以南、沖縄、台湾、東南アジアなどに分布 方言名:アーケージェー
 シオカラトンボに似ていて、シオカラトンボより細いのでこの名がある。シオカラトンボに似たものをいくつか写真に収めているが、実物の両者を並べて見比べたことが無いので、どれが細身で、どれが太身なのか判別不能。
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』に、本種は「沖縄島には少ない」とあり、シオカラトンボは「数が減った」とある。シオカラトンボに似たいくつもの写真、その多くはおそらく、沖縄で多く見られるオオシオカラトンボのようである。
 腹長29~33ミリ。成虫の出現は周年。
 
 記:ガジ丸 2009.9.13 →沖縄の動物目次
 訂正加筆:2011.5.8

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベニトンボ | トップ | リュウキュウルリモントンボ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。