ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

似非貧乏

2015年05月29日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 歩き疲れては夜空と陸との 隙間に潜り込んで
 草に埋もれては寝たのです 所構わず寝たのです
 歩き疲れては 草に埋もれて寝たのです
 歩き疲れ寝たのですが 眠れないのです

 この頃は眠れない 陸をひいては眠れない
 夜空の下では眠れない 揺り起こされては眠れない
 歩き疲れては 草に埋もれて寝たのです
 歩き疲れ寝たのですが 眠れないのです 

 今月14日から週休2日でアルバイトをやっている。仕事はビニールハウス内の作業、私の仕事は概ね力を使う肉体労働だが、時には花芽摘みという肉体的に楽な作業もある。楽と言ってもハウス内の作業は暑い。作業は午前中の4時間だけだが、晴れた日、ハウスが太陽に照らされ、しかも力を使う肉体労働の場合は「何じゃいこりゃ!」という位糞暑い。曇りや雨の日でも蒸し暑く、たっぷりの汗をかく。お陰で毎日ビールが旨い。
 友人のGが同じバイト仲間(彼からこのバイトを紹介された)で、(これまでの人生で肉体労働の経験が無い)Gは専ら花芽摘み作業をしている。先週火曜日、私も彼と同じハウス内で彼と同じ花芽摘み作業をした。Gはいつもポケットラジオを腰に付けて作業している。その日その時、そのラジオから懐かしい名前と唄が聞こえてきた。
 聞こえてきたのは高田渡とその唄。高田渡没後10年ということで渡の特集番組であった。「そうか、もう10年も経ったか」と、髭面の渡の顔が目に浮かんだ。
 若い頃大いに影響を受けた高田渡、「命日は4月だったか、供養しなくちゃ」とその時思い、翌日になってギターを手にした。滅多に手にしない私のギターは何とか音を出してくれたが、私の指は思うように動かなかった。でも、3曲ばかり歌った。
          

 冒頭の歌詞は高田渡が歌う『生活の柄』、渡の代表作とも言える作品。歌詞の元の作者は我が敬愛する沖縄出身の詩人、山之口獏、ほぼ同じ内容の同名の詩がある。
 2番までは覚えていたが、3番以降がうろ覚え、そういえば、若い頃でも通して歌ったことは無かった。渡が歌うのを聴くのは好きだったが、自分が歌うには少々抵抗があったように思う。親の仕送りで生活している自分が軽々しく歌えるようなもんじゃないと。
 この後の歌詞を聴けばこの詩の趣旨が解ると思うが、少し説明すると、(浮浪者なので路上で寝るしかなく)草に埋もれて寝たのだけど・・・が1~2番の内容で、この後3番だか4番だかの歌詞に「そんな僕の生活の柄が夏向きなのでしょうか」と出てきて、そして、「秋は、秋からは浮浪者のままでは眠れない」となる。
 山之口獏は、若い頃、詩の内容のような生活をしていたこともあり、本当に貧乏だったらしい。私は時々このブログで自分のことを貧乏人であると書いているが、それは全く似非貧乏なのである。来月は数万円のバイト代が入る予定だが、畑からの収入は1年で数万円しかない。だけど、2年前に解約した生命保険の金が、細々と生活すればあと1年は持つほどある。路上生活しなくても良いのだ、『生活の柄』、まだ本気では歌えない。
          

 記:2015.5.29 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.5.29 注文の多い農夫 | トップ | 2015.6.5 分不相応 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。