ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

料理三昧の日々

2016年08月19日 | ガジ丸の日常

 8月上旬は雨が多く、雨雲が太陽を隠す時間が長かったお陰で糞暑さが少し和らいで、ニンニク食った後の屁臭さくらいには暑さのグレードは下がった。夜の気温も下がって、ぐっすり眠れるので目覚めも早い、火曜から金曜は4時半に目覚め、久々に長時間の腹式深呼吸や瞑想をやった。瞑想した火曜日は脈拍数が62と正常値に戻っていた。火曜日は瞑想で畑への出勤が遅れたが、水曜木曜は6時半、金曜は6時出勤となった。

 「8月上旬は雨が多く」は、私の感覚では毎日のように雨が降った。それが本当かどうか沖縄気象台のデータを見ると、2日、3日、6日は降水量0ミリとなっている。しかしながら、データは那覇のものでナッピバルのある西原はそれとは少々違う。私の日記で確認すると、1日から10日まで、朝出勤すると畑はいつも濡れていた。私の日記では、
 1日夜中大雨、午前9時頃から大雨。
 2日夜中雨。
 3日明け方まで雨。
 4日午前10時前から雨。
 5日朝から小雨。
 6日夜中雨、午前11時頃から雨。
 7日夜中からの雨が続いて朝も雨。
 8日朝から雨。
 9日明け方まで雨、午後3時から大雨。
 10日午前9時前から小雨。
 「夜中雨、明け方まで雨」は、夜中、または未明に、雨音に気付いた日もあるが、雨が降るのを聞いていなくても、アパートの駐車場の濡れ具合から宜野湾市我如古ではそうであると判断し、畑は家から車で10分離れた隣の西原だが、通り道の路面の濡れ具合や、畑に置いてあるバケツの蓋に水が溜まっていることで雨が降ったと判断できる

 さて、前置きが長くなったが、雨のお陰で畑仕事の時間が短くなった分、私に自由時間が増えた。西日の射す私の部屋はコンクリートの輻射熱で午後はしたたか暑くなる。普通はそうだが、太陽が雲に隠れている時間が長かったので輻射熱も和らいだ。
 午後の部屋の中でも生きてはいける、頭も身体もそれなり(元気というほどではない)に働いてはくれる。畑からは毎日オクラが20本ほど収穫でき、ニラもネギもあり、たまにヘチマも採れ、10日には小さな(たぶん日照不足で成長不良)ゴーヤーも収穫した。ということで、後期オジサンは増えた自由時間の多くを料理に費やした。
 
 毎日収穫できるオクラ、煮ても焼いても揚げても生でも美味しいので、いろんな料理にして食べている。飽きることは全く無い。8月8日、お好み焼きの生地に山芋を加えると美味しいということを知っていたので、オクラを細かく刻めば山芋とろろのようになることも知っていたので、オクラお好み焼きに挑戦。結果、美味しいかどうかというと普通。オクラの他にエビやらイカやらも混ぜれば良かったと、食べ終わってから思った。
     
 12日はオクラ酢味噌和えに挑戦、オクラをさっと茹でて、適当な大きさに切って酢味噌で和える。これは美味しかった。シラスを添えたが、シラスが無くても美味しい。
     
 10日にヘチマが採れたのでその夜の酒の肴はヘチマソテー、豚肉の炒めた物を添え、麺つゆをかけて食べる。これは私の大好物である。その日は他に厚焼き玉子も作った。その日、いつも買っている6個入りの玉子パックがなくて10個入りを買ったので、数年ぶりの厚焼き玉子作りとなった。普通のフライパンで作るので形は不格好だが、食べると美味しい。同じ日に採れたゴーヤーはその日に仕込んで翌日の料理となる。
     
     
 11日の肴は前日に仕込んでおいたゴーヤーの薄焼きとオクラの薄焼き。ゴーヤーの薄焼きに似たゴーヤーカリカリは以前(5、6年前)に何度か作っている。ゴーヤーの薄い天ぷらで、食感がカリカリしたもの。家で天ぷらを作らなくなったので、薄切りのゴーヤーに衣を付けたものを今回はフライパンで焼いた。ちょっとカリカリとなって、まあまあ美味しかった。オクラの薄焼きはちっともカリカリしない。さすがオクラ、ネバネバ食感は薄切りにして焼いても全く消えることは無い。でも、まあまあ美味しかった。
     
 12日に作ったオクラ酢味噌和えは、茹でて酢味噌で和えるだけの簡単なものだが、その他のオクラお好み焼き、ヘチマソテー、厚焼き玉子、ゴーヤーの薄焼きとオクラの薄焼きはまあまあ手間のかかるもの。手間をかけたものは誰かに食べさせてあげたい、と世間の良妻は思うのであろうが、後期オジサンにそんな殊勝な気持ちはちっとも無い。

 記:2016.8.19 ガジ丸 →ガジ丸の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あんあんあん | トップ | 2016.8.19 アパート探し続く »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。