ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ユーフルヤー

2011年05月27日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 父の一年忌で、姉、弟、従姉(子供の頃一緒に暮らしていた)らと、子供の頃の、近所に住んでいた同級生の話になった。向かいのIさんとこの長男は誰の同級生、三軒隣のSさんとこの二男は誰の同級生、などといった話。みんなで昔、40年以上も昔を思い出す。実家のある通りには14世帯ほどあったが、その中に姉の同級生が3人いて、私と従姉の同級生は0人で、弟の同級生は「たぶん2人」とのことであった。
 弟の「たぶん2人」の内一人は、私も名前を覚えていた。ミンルーという愛称であった。当時、実家のある通りの14世帯ほどには、2学年上の姉から4学年下の弟の年代までの子供が、私が覚えているだけで、私たち3人を含め15人はいた。その内、私が名前を覚えているのは、両隣りの3人の他にはミンルーとその兄と、あと2人位しかいない。

 その頃、普段の日は、学校のクラスや、近くに住む同級生たちと遊ぶことが多かったが、休みの日などは隣近所の子供たちの何人かともよく遊んでいた。よく遊んでいた子供は名前を覚えているわけだ。しかし、ミンルーとその兄は同学年でも無く、よく遊ぶ仲間でも無かった。なのに、名前を覚えている。何故?・・・理由はある。
 ミンルーと弟は仲良しで、二人でよく遊んでいた。「沖縄に来て、誰か会いたい人はいるか?」と弟に訊くと、「一人だけいる。ミンルー。」と答えるくらいだ。弟とミンルーが一緒に遊んでいて、家にもよく来ていて、で、私は彼のことを覚えているのだ。

  ミンルーの家は向かいの家の2軒隣で、そこは銭湯であった。その頃、実家に風呂はあったのだが、小学校低学年までは銭湯に行くことが多かった。すぐ近くだし、銭湯は楽しかったからだ。銭湯に行くと、同級生たちに会うこともあったし、何より、湯船が大きいので泳ぐことができた。まあ、つまり、銭湯で体を洗うというより、遊んでいたわけである。

 銭湯のことを、ウチナーグチではユーフルヤーと言う。湯風呂屋という意味だ。湯風呂はちなみに、「湯槽(ゆぶね)に湯をわかして入浴する風呂」のこと。もう一つちなみに、銭湯は「料金を取って入浴させる公衆浴場」(同)のこと。私が小学校低学年までは行っていた銭湯、祖父母も、両親も、友人たちも銭湯とは言わず、風呂屋とも言わず、ユーフルヤーと言っていた。銭湯が消えて久しい。今となっては懐かしい響きだ。
     

  沖縄の銭湯がいつ頃まであったのか、資料が無く不明だが、ミンルーとこは早くに、たぶん私が中学になる頃には無かったと記憶している。大学生活で東京に住んでいた頃、3年間は銭湯に通っていた。30年以上前の話だが、その頃、東京には銭湯がいくつもあった。風呂付で無いアパートが多くあり、銭湯も十分の需要があったのだろう。
 沖縄のアパートで湯風呂の無いアパートは多い。現に、私が今住んでいるアパートも湯風呂は付いていない。だが、瞬間湯沸かし器とシャワーは付いている。東京に風呂付で無いアパートが多くあった頃も、沖縄のアパートには概ねシャワーが付いていたと思う。なので、東京に比べ、沖縄の銭湯の需要は少なく、街から消える日も早かったのであろう。
     

 記:ガジ丸 2011.5.16 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欲深い信者たち  | トップ | 国民の役に立つ能力 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。