ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

緩さという優しさ

2016年10月28日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 私は大したことではないと思っていたが、世間(沖縄の巷)では大きなニュースになっているみたいなのでちょっと触れる。大阪府警の「支那人、土人」発言について。
 土人については、私は何の違和感もない。土着民という意味であると捉えている。しかしながら、支那人についてはモノ申したい。それが中国人のことを卑しめて呼ぶ語であるとしたら、公職にある者が差別用語を使うことに違和感がある。そして、支那人という呼び名が卑しめることなく中国人を指していたとしても違和感は大いにある。
 沖縄人は日本の南端の島々に古くから住む土着民である。中国からの渡来民では無い。倭人の方がむしろ、中国や朝鮮からの渡来人が多く、DNA鑑定をすればおそらく、中国人に近いのは沖縄人ではなく倭人の方であろう。中国人、朝鮮人、倭人、沖縄人の代表的顔を並べてみれば、一重瞼の薄っぺらな顔の中国人、朝鮮人、倭人に比べ、沖縄人は眉毛太く、掘りの深い顔立ち、いかにも縄文人といった顔。琉球列島(奄美から八重山まで)が日本国であるならば、大昔からそこに住んでいる沖縄人は日本原住民である。

 それはさておき、いかにも沖縄人といった特徴ある顔をウチナーヂラー(沖縄面)と呼ぶが、見た目だけでなく性質にも、いかにも沖縄人といったものがあるだろうと、ウチナーンチュの特徴的な、あるいは、目立つ性質、または、行動を考えてみた。 
 若い頃の5年間、東京暮らしをしていた時に「何か違うなぁ」と私が感じたことに「東京の人はきちっとしているなぁ」ということがあった。エレベーターでは常に右側が空いているし、電車を待つ列にはちゃんと並ぶ。今では沖縄でもだいたいそうなっているが、私が若い頃はエレベーターはゴチャゴチャ、バス停で並ぶなんてこともなかった。
 東京で車を運転することが何度かあった。その時も「東京の人はきちっとしている」という感想を持った。沖縄に帰省して車を運転すると、私はイライラすることが多かった。交差点で信号が青になっても先頭の車がモタモタしている。方向指示器を点けずに右折左折する車が多い。東京ではほとんど経験しなかったことだ。
 東京だと「青だぞ!何モタモタしていやがる!」とけたたましくクラクションが鳴るであろうが、沖縄だと数秒は待ってから「青ですよ。」と軽く鳴らすだけ。ウチナーンチュにはボーっとしている人が多いので「お互い様」といった気分なのだと思う。
     

 私は優しい(自分で言う)ので、脇道から大通りへ出る際は歩道の手前で一旦停車し、左右の車が途切れて大通りへ出るチャンスであったとしても、歩行者がいれば彼を優先して「どうぞ」と手で合図し渡り切るまで待つ。ウチナーンチュの年寄りは「ありがとう」という表情を見せ、小走りする。「ゆっくりでいいのに」と私は思う。
 これが倭人の場合はそうはいかない。彼は「法律上俺が優先である」とばかりに「ありがとう」という表情はまったく無く、ゆっくりと渡って行く。私はしかし、「これが法律だ」といった倭人の感性より、ウチナーンチュの緩い感性の方が好き。ちなみに、ウチナーンチュでも女子高生は別。彼女たちは複数でいると最も威張った歩行者だ。
 沖縄では決まりごとより優先するものがある。それは「思いやり」。カッコよく言えばそうなるが、実は、「どうでもいいさぁ、楽しければいいさぁ」といった気分かもしれない。いや、それも私が若かった頃はそうだったかもしれないが、今はどうも・・・。
     

 記:2016.10.28 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楽しければいいのだ | トップ | ケンカの元 ワチャク »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。