ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イペー

2017年07月16日 | 沖縄の草木:公園街路

 南米原産のイペーが緑化樹木として沖縄に導入されたのは、約30年前のことと文献にある。今、あちこちできれいな花を見せてくれているが、歴史はまだ新しい。
 イペーの学名はTabebuia avellanedae Lorenz ex Grisebであり、これは桃色の花を咲かす樹木で、もともとイペーといえば、この木を指していた。次に、同じく南米から導入されたコガネノウゼンは、学名Tabebuia chrysotricha Mart. Ex DCといい、これは鮮やかな黄色の花を咲かせてくれる。イペーとコガネノウゼン、同じタベブイヤ属で、樹形も葉の形、花の形も似ている。花色と成木の大きさが違う。
 花色は、どちらもそれぞれきれいなのだが、イペーは大木となり民間の庭では使いにくい。一方、コガネノウゼンの方は、文献には高さ10mとあるが、よく見かけるのは3~5m程度のもので、さほど太くもならない。よって、民家の庭で使える。
 そういうことがあってか、沖縄での植栽量としてはコガネノウゼンの方が多く、したがって、コガネノウゼンの方が概ね親しみが深い。なわけで、コガネノウゼンの方をイッペーと呼ぶようになった。イッペーといえば黄色の花が先ず浮かぶのである。
 そして、本家のイペーはというと、可哀想というか何というか、いつかしら別名で呼ばれるようになる。沖縄県緑化種苗組合が出している資料には、イペーの別名としてアカバナイッペーと記述されている。イペーにしてみれば本末転倒なのだ。「おいおい、俺が先なんだぜ。向こうの方をキバナイッペーにしろよ。」とでも思っているに違いない。
 
 イペー:公園
 ノウゼンカズラ科の落葉高木 原産分布はパラグアイ、アルゼンチン 方言名:なし
 イペー(Ipe)は英語名であるが、その英語名は現地語からきている。パラグアイ、アルゼンチンの原産なのでおそらくスペイン語か、あるいは先住民の言葉かもしれない。
 別名をアカバナイッペーというが、同属のコガネノウゼンのことを沖縄ではイッペーと呼び、本種は花色が桃色なので赤花のイッペーとなっている。
 高さは10~20mになる。自然樹形で整った形になるが、成長が速く、大木になるので狭い庭には不向き。ただ、強く剪定して庭木として使っている民家もある。
 花は桃色で、枝先に玉状に群れて咲く。開花期は2月から4月。落葉後、葉を出す前に咲くので、満開の時期は見事な景色となる。陽光を好む。
 ちなみに学名は、
 イペー Tabebuia avellanedae Lorenz ex Griseb 英語名:Ipe
 コガネノウゼン Tabebuia chrysotricha Mart. ex DC. Standl
 
 花
 
 満開1
 
 満開2
 2011.10.26訂正加筆

 記:島乃ガジ丸 2005.3.13 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌビワ | トップ | インドゴムノキ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。