ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

命の洗濯期

2010年10月29日 | ガジ丸通信-社会・生活

 日々、都会のサラリーマンとして働いているKRは、数日間の沖縄滞在で命の洗濯ができたであろうか。日々、田舎ながらサラリーマンとして働き、一家の大黒柱として家庭を守っているIYは、数日間の沖縄滞在で命の洗濯ができたであろうか。
 「命の洗濯」、私は「リフレッシュ」という意味だと理解していた。念のためにと広辞苑を引くと、「日ごろの苦労から解放されて気ままに楽しむこと」とあった。リフレッシュとは少し意味合いが異なるみたいだ。そのリフレッシュもまた広辞苑、「気分をさわやかに一新すること。元気を取り戻すこと」とのこと。

 都会のサラリーマンに戻ったKRからは、「帰って早々風邪を引いた」とのメールがあった。IYからは「南の島の気分が抜けきれない」とのメールがあった。二人とも数日間の沖縄滞在で命の洗濯(日ごろの苦労から解放されて気ままに楽しむこと)はできたかもしれないが、リフレッシュ(元気を取り戻す)には至らなかったようである。
 さて、数日間彼らに付き合った私はと言えば、彼らが帰った後の数日間、少々体調を崩してしまった。医者に診て貰ったわけではないので正確なところは言えないが、たぶん、飲み過ぎて、肝臓が過労となって、それが心臓に悪影響を与え、それが原因で酷い肩凝りになった、と想像している。「日ごろの苦労」のあまり無い私は、「気ままに楽し」んだ分がそっくり不摂生となり、その罰が当たってしまったようである。

  広辞苑の解釈は別にして、「命の洗濯」という言葉はその字面から「世間の荒波に揉まれ、生きるに疲れてヨレヨレとなった心を、洗濯して、元気を取り戻す」と連想できる。これはリフレッシュとほとんど同じ意味となる。その意味では、世間の荒波に揉まれておらず、生きるに疲れたこともない私は、命を洗濯する必要は無い。
 「命の洗濯」という言葉はその字面から別に、「長年酒を飲み続けて脂肪の溜まった肝臓や、長年煙草を吸い続け真っ黒になった肺などを洗濯して、正常な状態に戻す」とも連想できる。その意味では、私は大いに洗濯する必要がある。心の問題では無く、体の問題だ。私の体はきっと、歳相応に錆びている。時々、体のあちこちでギーギーと錆びた機械のような悲鳴が聞こえる。私の体は、命の洗濯期に来ている。
 だからといって、洗濯機(人間ドッグ)に入ろうとは考えていない。これまで通り日々の摂生を続けるだけだ。汚れが溜まって命の終わりが来たら、それは寿命だ。
          

 「私の体は歳相応に錆びている」と考えながら、「おめぇ、自分では気付いていないかもしれないが、心だって相当錆びているかもよ」と自問する。
 「心が錆びるってどーゆーこと?」と問い返す。
 「錆びた風車は、風に吹かれても回らないんだよ。いくつになっても、心がワクワクしたり、ドキドキしたりする事に出会えた方がいいってことだ。」
 「であればさ、野山を散歩している時、見知らぬ昆虫に出会えないかとワクワクしているぞ。山道を登り切ったらドキドキしているぞ(これは違うか)。そうそう、先日、とびっきりの美女と飲みに行ったぜ。二人っきりではなかったけど、彼女がずっと隣だったので、ワクワクしていたぞ。」と自答する。私の風車はまだ生きている、はず。
          

 記:2010.10.29 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はーーーれたそらーーー | トップ | 波瀾一万一丈 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。