ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

足りないソフト

2006年05月04日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私のパソコンに必要なソフトは、ワープロ、表計算、CAD(製図)、インターネットブラウザ、メール、ウイルスチェック、写真加工、ホームページ作成などがある。これらのうち、インターネットブラウザ、メール、ウイルスチェックの3つはお膳立てされたもので、それらを使って何か創造的なことをしているわけではない。残りのソフトは仕事で使い、趣味でも使っている。これは、まあ、創造的なことをやったりしている。
 パソコンには他に、パソコンを管理するソフト、映像や音声のソフトなどがあらかじめ組み込まれていて、上記のソフトと共にパソコンに必要なソフトとして存在している。基本ソフトやシステム関連のソフトも含め、必要なソフトというのは50もあれば十分なのだと思う。私のパソコンにはその必要十分のソフトが組み込まれている。ちょっとトロいけれど、まあまあ良く働いてくれる。足りないソフトは今のところ無い。

 2、3日前だったか、集団で万引きする少年たちのニュースがテレビであった。「店員が気弱そうだったからやった」との犯行動機であった。幼児を投げ落としたり、子供の首を絞めたり、集団で浮浪者を殴り殺したりなどなど、自分より弱いものに対する少年たちの暴挙は、いったいどういう精神構造からくるのだろうか。彼らの心の中に、何か大切な、無くてはならないソフトが不足しているのではないだろうか。

 フジテレビで万引き少年団のニュースを観た同じ日だったか、TBSのニュース23では水俣病の特集をやっていた。
 ミナマタビョウが水俣病と書くこと、有機水銀中毒であること、悲惨な病気であること、有機水銀に汚染された魚介類を食べたために罹ったこと、有機水銀は工場から海に流されたこと、などを私は知っている。ところが、それらは水俣病の、目次のほんの一部にしか過ぎなかったのである。病気が発生してから60年余りが過ぎたというのに、患者たちの戦いは今なお続いているということなどを含め、番組で紹介された内容は、私の知らないことばかりであった。TBSの特集は夜遅い時間であったが、観た。
 対岸の火事的感覚で観ている暢気なウチナーンチュのオジサンではあるが、少なからず心を痛めた。心を痛め、憤りを感じた。憤りは国に対して。
 国が今もってその責任(水銀垂れ流しを放置した責任は当然、国にある)を認めていないということに驚く。当然、その責任を果たしていないということにも驚く。悪いことやっても、「いや、俺は知らねぇよ」と言っているみたいだ。この国の心にこそ何か、とても大切な「足りないソフト」があるのかもしれない。そんな国が、「子供の教育がどーのこーの」なんて言ったってさ、聴く耳持たねぇぜ、と少年たちは思うぜ、きっと。

 記:2006.5.4 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミジンコの涙 | トップ | マスコミが親分 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。