ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

生かされていることへの感謝

2016年03月25日 | ガジ丸通信-社会・生活

 沖縄の農繁期である冬季、今季は雨が多く、3月になっても雨が多く、お陰で作物の生育が悪く、収穫が少なく、よって、貧乏農夫は収入のほとんど無い状況が続いているが、畑仕事が思うようにできなくて、やるべき作業もどんどん遅れている。
 畑仕事が遅れている分、他のことは進んでいる。1年以上もかかったブログ移動、修正作業を終えて、部屋の掃除もたびたびやり、このごろは引っ越し(予定)準備のための持ち物整理も始めている。実家から持ってきた父の物母の物の整理もやっている。
 もの考えする時間もたっぷりあった。2月中頃から3月中頃にかけて宗教についてたっぷり考え、その頃このガジ丸通信で、宗教に関する5題もの記事を書いた。
 その後、静岡の才媛K女史とのメールのやり取りでも宗教の話題(私から出した)となって、2月26日付記事『頂いた命への感謝』と似たような表題となったが、「頂いた命への感謝」とはどういうことかをさらに考えたので、またもしつこく宗教の話。

 キリスト教を信じる人や教会関係者が語る中で、
 「人は神によって生かされている存在」ということと「神を信ずれば天国へ招かれ至福の時を得られる」ということが、「矛盾しているだろ?」と私が疑問に思うこと。
 神を信じない私だが、太陽や大地、雨風、動植物などといった大自然によって生かされているとは思っているので、大自然を神に置きかえれば「人は神によって生かされている存在」は理解できる。ただ、「生かされている存在」なのであれば、命が尽きるのも相手任せで良いだろう。今生きていることだけでも大感謝なので、いつ命が尽きても文句は無いわけだ。「生かされている」→「十分ありがたい」→「その後はいかようにも」と思う訳。そこで、キリスト教の言う「天国」が、私はどうにも不可解に思うのである。
          

 「生きている間、身に余る幸せを与えて貰ったのに、死んでまでも幸せを望むのか?」
 「それは、生かされているという考えとは矛盾していないのか?」と思い、
 「死んでまでも幸せを望むなんて、あまりにも欲深くはないか?」とも思い、
 「今、生かされていることに、本当に心から感謝しているのか?」とまで思う訳。
 健康で、仕事があって、収入があって、結婚して、子供ができて、住む家があって、などということは、社会生活の中で普通の、真面目な望みだと思う。神も、「私は自ら助くる者を助く。努力すればお前の望みを叶えてやるぞ」と言うであろう。しかし、「死んでまでも幸せに生きたい」などというのは非現実の大欲だと私は感じる。
 生への感謝があれば、「生かされていて、健康でもいられる、あー何て幸せなこと」とか、「就職もできた、結婚もできた、子供も産まれた、あー私は何て幸せ者」とか、「車を買った、家を建てた、あー、何という幸せよ」などと思えるかもしれない。
 生への感謝があれば、目が不自由でも、耳が不自由でも、足が不自由でも、お金が不自由でも「それでも私は生きている、あー何て幸せなんだろう」と思えるかもしれない。

 さてさて、偉そうなことを書いたが、現実の私は、年末から雨が多く、畑仕事が遅れていく中、作物は生育が悪く、収穫が少なく、よって、収入もほとんど無い状況が続いて、「あー、今日も雨かよ!」と天に向かって悪態ついてる罰当り者に変わりが無い。
          
          

 記:2016.3.25 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強い男が目指すもの | トップ | カナシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。