ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ショウジョウトンボ

2011年05月09日 | 沖縄の動物:昆虫-トンボ目

 大酒呑み

 私は酒が好きである。泡盛も焼酎も、ワインも日本酒も、ウイスキーもジンも、ワォッカもラムも、ブランデーも老酒も好きである。しかし、アル中でもなければ大酒飲みでも無い。休肝日週 3日をほぼ守っていることからして、アル中では無い。一晩で飲む量が、ワインは1本空けるが、日本酒はせいぜい三合止まり、泡盛など強い酒の場合は二合も飲まない、などということからして、大酒飲みでは無い。
 若い頃はしかし、私はたらふく飲んだ。貧乏だったので、そういった機会はめったに無かったが、日本酒なら一升、ウイスキーならボトル1本、飲み干すのは平気だった。世の中には私のような人、あるいは、私以上に飲む人はたくさんいる。そういった大酒飲みのことを「ざる」とか「うわばみ」などと言うが、また、「しょうじょう」とも言う。
  「ざる」は道具のザル。ザルに酒を入れても漏れることから、いくら飲んでも体に溜まらないことを比喩している。「うわばみ」は蟒蛇と書き、大蛇のことを指す。大蛇は大酒飲みとされるところから「うわばみ」がその代名詞となっている。「しょうじょう」は猩猩と書く。中国の想像上の怪獣。酒好きとされていている。
 ショウジョウトンボはしかし、大酒のみのトンボというわけでは無い。怪獣の猩猩が赤い毛をしているということから、体の赤いショウジョウトンボにその名がついた。

 
 ショウジョウトンボ(猩猩蜻蛉):トンボ目の昆虫
 トンボ科 日本、沖縄、アメリカ、中東などに広く分布 方言名:アーケージェー
 童謡「赤とんぼ」に歌われているアカネトンボの種は沖縄に生息しないので、沖縄で赤とんぼというと本種のことを指すことが多い。私もずっとそう思っていた。
 体長27~31ミリ内外。成虫の出現は周年。
 
 雌

 
 アキアカネ(秋茜):トンボ目の昆虫
 日本で最も普通に見られる赤とんぼで、夏は山地にいる。秋に山から平地へ群れをなして降りてくる。成熟した雄が赤い。長岡の県立近代美術館向かいの公園に群れていた。

 記:ガジ丸 2005.11.27 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハネビロトンボ | トップ | コシブトトンボ/ヒメトンボ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。