ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

勝っても負けても

2006年11月24日 | ガジ丸通信-政治・経済

 先週土曜日、前日の『めざましテレビ』の週末占いで、私の星座は1位だったのにも係わらず、その日はまったくついていなかった。計画が裏目裏目に出た。庭仕事や畑仕事を計画したが、雨だったので延期した。ところが、午後からはさっぱり晴れやがった。その晴れた午後、何していたかと言うと、映画を観るつもりで街に出た。が、映画はやっていない。で、排気ガスを吸いながら、那覇の街を2時間ほどブラブラしただけだった。
 そのブラブラにはおまけがついた。選挙の煩い騒音だった。宣伝カーの他、国際通りには候補者たちの運動員による呼びかけ、ビラ配り、旗振りなど、目にも耳にも煩いものが溢れていた。「ついてねぇな」と思い、「明日が投票日か」と気付く。

  翌日、沖縄県知事選挙の投票日。夕方5時過ぎに投票所である近所の小学校へ行く。その前に図書館へ寄ったが、図書館から小学校までの道で、両陣営のポスターをいくつか見た。告示後のポスターは禁止というルールをどちらも守っていない。告示前に貼ってあったポスターとは違う種類のものも発見した。告示後に作って貼ったわけである。「ルールなんて守ってられるか!」ということなんだろうか。下品なことだと思う。
 よく覚えているスポーツのシーンがある。一昨年の夏のオリンピックでも今年の冬のオリンピックでも無く、去年の世界柔道の棟田選手の態度。勝っても負けても、試合と対戦相手に対する尊敬の念が感じられ、美しいと思った。あれこそが日本人の品格だと私は思う。彼の背中こそ、子供たちに見て欲しい背中だと思う。あいにく、沖縄県の知事選では、勝った人も負けた人も、その品格は棟田さんの足元にも及ばなかった。

 まあ、あんまり厳しいことを言っても、南の島の風土には似合わない。実は私は、大人の背中がいくらか歪んでいるのはしょうがないことだとも思っているのである。私もまた自分の背中に自信があるわけでは無いから、ということもあるが、むしろ、多少のモラル違反はあってもいいんじゃないかとも思っているくらいである。多少のことは大目にみようぜという寛容さが無いと、世の中は住み辛いと思うのである。
 「他人を追い込まない。自分も追い込まない。」ということを、このホームページのテーマの一つにしているが、さほど厳しく生きなくても良かろう。さほど清廉潔白でなくても良かろう。目くそ耳くそは溜まるだろう。鼻くそもほじるだろう。雲子は臭かろう。それでも、「そんなあなたが好き、そんな私も好き」という心を互いに持っていれば、世の中は平和で、心も豊かであろうと思うのである。
 平和で心豊かであれば、もうそれだけで幸せは保証されたもの。たまについてないことがあったとしても、何ほどのことでもない。テーゲー(概ね)は幸せなんだから。

 お互い歪んだ背中だが、沖縄を思う気持ちは同じに違いない。勝っても負けても、「平和で心豊かな沖縄」という異床同夢を見ているはず。勝った人は県民の代表として、負けた人は一人の政治家として、これからも頑張ってもらいたい。
          

 記:2006.11.24 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涙少々 | トップ | 手当ての甲斐も無く »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。