ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

幸せの量り

2007年02月09日 | ガジ丸通信-社会・生活

 「幸せの量り」という機械を考えた。その量りに乗ると、現在の幸せ度がパーセンテージで表示される。健康診断で使用される。標準値は60%とする。
 「はい、貴方の幸せ度は100%です。完璧です。何か良い事がありましたか?」
 「先週、プロポーズされたんです。来春には結婚します。」
 「それはそれは、おめでとう。量りが振り切れるかと思いましたよ。」
そして、また別の人、
 「貴方は80%ですね。もう少し頑張れば100%になりますよ。」
 「妊娠したんです。それはとても嬉しいことなんです。でも、産まれた子供をちゃんと育てられるかどうか、少し不安なんです。」
 「その不安は貴方のせいじゃなく、政治の責任ですね。古い体質のバカな政治家が大臣をやっているからですよ。貴方には何の問題もありませんよ。ご主人も喜んでいらっしゃるのでしょう。だったら、自信持って産みなさい。」
 「そうですよね。私と夫がしっかりすればいいんですよね。」
 「そうです。じゃあ、もう一度量ってみましょう。・・・100%になりました。」などということになる。診察室は幸せでいっぱいになる。
 そういったニュースが世間に流れる。そうなると、「ねぇ、結婚すると幸せになるみたいよ、子供を産むと幸せになるみたいよ。」なんていう意識が人々に広まる。すると、結婚が増えるし、出産も増える。「幸せの量り」は「子を産む機械」では無く、「子を産みたくなる機械」なのである。これで、女性に出産を強要することなく、少子化問題は解決されるはずだ。機械の力で、日本国の未来は安泰になるのだ。どうじゃい!

  「幸せの量り」は幸せの度合いをデジタル化する。人々は数字を盲信する。当初は、自分が幸せかどうかが先で、それを「幸せの量り」で確認するだけであったが、しばらくすると、「幸せの量り」によって自分が今、幸せかどうかを確認するようになる。本末転倒である。健康のためにダイエットをした人が、痩せて不健康になったみたいなもの。

 デジタルの数値は高ければ高いほど価値がある。価値がある数値、・・・つまりその数値はお金に換算される。幸せはお金で量れるものとなる。・・・ん?・・・「ということはだ」と、ここで気付いた。「幸せの量り」なんて機械が無くとも、そんなこと普通に、現在多くの人が既にやっていることだ。画期的な発明かと思った「幸せの量り」であったが、「お金より愛」という人が少ない今は、ヒット商品にはなれないみたいだ。
          

 記:2007.2.6 ガジ丸
 補足
 なお、「古い体質のバカな政治家が大臣をやっている」と書いたが、私は実は、当該大臣のことをバカだとは思っていない。概ね政治家に好感を持たない私でも、あの人は十分に品格を備えた人だと思っている。「女は子を産む機械」という発言も、大騒ぎするような言葉では無いと感じている。ガタガタ言う民主党の方を、私はどちらかというと民主党支持なのであるが、こんなことで審議拒否なんて、大いなるバカだと思う。
 「女は子を産む機械」は喩えとして十分成り立つ言葉であろう。「機械として喩えたならば」ということである。そしたら、「男は子を産む機械のエネルギー源」でしか無い。政治や社会は「機械を雨風から守る建物」とか、「機械が健康に動けるための潤滑油」とかに喩えられる。女は当然、そこでは主役となっている。
 かの大臣の間違いは、「女がたくさん子供を産めば少子化問題は解決される」と受け取られる発言をしたことである。もしも、本当にそう思っているのなら、彼は少子化対策担当大臣の資格は無いであろう。「子を産む機械」は自由意志を持っている。産むか産まないかはその意思に委ねられるべきである。少子化問題は、「産みたい」と思う社会を形成することによって解決されるべきである。それがきっと、政治の仕事。
 それにしても民主党、大物3人が先頭にいながら、何て無様。議会で討論すべきこと、やるべきことはもっと他に多くあるはず。嵐の海に三人で船出して、助け合うのもいいけれど、一人の大臣の失言を嵐のようにしてさ、日本をどうするの?しっかりしてよ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三つあるといいね | トップ | 筋肉では無く脳の問題 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。