ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ラミーカミキリ

2011年07月23日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 君は君で間違いない

 先週紹介したキボシカミキリの頁で、「昆虫には見た目似ているけど別種であったり、雄雌で違ったり、親子で違ったり、個体差もあったりして、何者か判別するのに難しいものが多くある。」と書いたが、それとは逆に、「君は君で間違いない」と容易く判別できる者も多くある。ラミーカミキリもその一つ。
 ラミーカミキリは数年前に四万十川を旅している時に見つけ、写真を撮った。見た目が特徴的なのですぐに何者か判明した。ただ、沖縄の昆虫図鑑には載っていない。私も沖縄では見たことがない。で、「ラミーカミキリは沖縄には生息しない、彼らにとって沖縄は暑すぎるのだ。」と勝手に断定する。・・・ところが、
  先週も紹介した昆虫学会の会員である矢頭治虫さんから、その写真と共に「ラミーカミキリは南方系の昆虫・・・」といった情報を得た。ということは、沖縄が暑すぎるからという私の推理は間違っている。では何故倭国にはいて沖縄にいないんだ?と考える。
 南方に流浪の人々がいた。彼らは足の向くまま気の向くまま旅を続け、ある日、船に乗った。その船は、途中の沖縄に立ち寄ることなく九州に辿り着いた。そして、彼らはそこに住み着いた。ということではないだろうか。テーゲーな推理だが。

 
 ラミーカミキリ(らみー天牛):甲虫目の昆虫
 カミキリムシ科 本州以南、種子島に分布 方言名:不詳
 ラミーはマレー語(rami)で植物の名前。広辞苑によると、「イラクサ科の多年生繊維植物。チョマの変種。」とのこと。これを寄主とすることからこの名がある。
 沖縄の昆虫を紹介しているどの文献にも本種の記載が無い。沖縄にはムクゲもノカラムシも多くあり、散歩の途中よく出会う。しかし、私もこれまで本種に出合ったことは、沖縄では無い。おそらく沖縄には分布しない。元々中国からやってきて、長崎から全国へ広まったとのことで、沖縄までは交通の便が悪かったということなのかもしれない。写真は数年前に四国を旅した折、四万十川を眺めながら歩いている時に見つけた。
 体長は8~17ミリ。成虫の出現は5月から7月。寄主とする植物はラミーの他、カラムシ、ムクゲ、ヤブマオなど。平地から低山地の林に生息とのこと。

 記:ガジ丸 2009.9.12 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『日本の甲虫』(株)北隆館発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キボシカミキリ | トップ | ダンダラテントウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。