ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

普通の沖縄『人魚に会える日』

2016年04月29日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 3月11日付週一日記は『天からの警告』というタイトルで、「その夜も9時半頃にコロッと寝入った。ところが、いつも楽しい夢ばかり見ているのに、その夜は悪夢にうなされて何度も目覚めた。そんな夜が月曜日まで続いた。」と書いたが、その4日後、3月15日、畑仕事を午後2時頃には引き上げ、我が家の位牌を預けてある寺へ行って、祖父母の合同命日のウートートゥ(祈りの言葉)を行い、スーパーに寄って生活用品や食い物を買い、アパートに着いたのは午後5時頃。私の部屋は2階、階段を上がってその踊り場から、ツバメのような大きさと形をした白い鳥が飛んでいるのを見る。
 白い鳥というとシラサギの類、白いハト、白いインコなどが思い浮かぶが、ツバメのような大きさと形をした白い鳥は、図鑑にも載っていない。4月8日付ガジ丸通信『一人だけど独りじゃない』の中で過去の不思議体験を書いたが、母が病に倒れるその2ヶ月余前に私は「悪夢にうなされて何度も目覚め」る体験をし、図鑑にも載っていない不思議な鳥を見ている。なので、この日の不思議な白い鳥も「何か悪いことが?」と思う。

 そう思いながらもウチナーンチュらしく呑気な私は、3月17日、久々に映画を観に行った。去年10月26日の『シャーリー&ヒンダ』以来の久々。映画館は『シャーリー&ヒンダ』同様、桜坂劇場、私はもう長いこと桜坂劇場以外の映画館には行っていない。
 観た映画は沖縄出身の若い(まだ大学生とのこと)監督の作品『人魚に会える日』。沖縄を舞台にした映画で、桜坂劇場のチラシによる紹介では「女子高生が・・・基地建設問題と向き合っていく様を描く・・・(監督の)基地問題に対する想いが凝縮された作品となった」とあった。それについての私の感想は、「どう思う?」と問題提起し、「明快な答えが見つからない」と答え、そのまま映画は終わったように感じた。
 私の興味を引いたのは、基地問題よりもむしろ、普通の沖縄であった。映画の中の人々の会話は普通の日常で、特に、登場人物たちの喋っている言葉や喋り方には感心した。主人公のユメの喋る言葉、喋り方は、私の知っている女子高生とまったく同じで、大人たちの飲み屋での会話も同様、私のすぐ隣に存在する光景だ、セリフに違和感が無い。
 というわけで、映画は「今、沖縄のどこかで実際に起きていることである」と私に思わせ、私をすんなりと映画の世界へ引き摺りこんでくれた。

 映画はまた、普通の沖縄を表現しつつ、そこに普通でない沖縄も並行して見せた。登場人物の中に普通でない人も混ぜ込んだ。役者の数人を私はテレビや映画で過去に観ているが、「川満しぇんしぇー」と愛称される川満聡の演じる教師の気持ち悪さは、「お笑い芸人としても一流だが、上手い役者でもあるんだ」と感心させられた。もう1人、この世のものかと思わせる雰囲気を持った女性が登場する。「迫力あるなぁ、この顔」と感心したのだが、誰だか分からない。エンドロールを見て、歌手のCoccoだと知る。
 元より不思議雰囲気を持っている役者たちの力もあり、普通の沖縄のすぐ傍に普通でない沖縄が存在しているということを映画は上手に表現していると私は感じた。
 1週間ほど前の悪夢にうなされた日々、2日前の不思議な白い鳥、そこから9年前の不思議体験を思い浮かべつつ、映画を楽しむことができた。ただ、ラストシーンが意味するところを私は理解できなかった。何で助かったの?の答えが見つからなかった。
          

 記:2016.4.29 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.4.29 質素なシーミー | トップ | 最北端の旅2012 伊是名... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。