ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

太った猿

2007年09月07日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 世界的に見れば金持ちであるが、日本国の中では貧乏人にランクされる私から金を借りた奴がいる。Mという。彼は私の3倍近い年収がある。体重も1.5倍ある。
 「来月の給料が入ったら返す」という話だったが、その日になると、
 「来月、模合金を取るから、それで返す」という話だったが、その日になると、
 「7月のボーナスまで待ってくれ」という話だったが、その日になると、
 「12月のボーナスまで待ってくれ」とヘラヘラ笑いながら言う。ふざけた野郎だ。
 「おめぇが遊ぶために、俺は炎天下で肉体労働をしてるんじゃ無ぇぞ!」と私は言いたいのである。4月に借りて、5ヶ月経った今でもまだ返さない。良い奴なんだが、古くからの付き合いなんだが、催促してもヘラヘラ笑うばかりの彼を見ていると腹が立つ。なので、ヘラヘラ顔を眺めながら、「太った猿め!」と心の中で罵ることにしている。

  新しく事業を始めた友人がいる。Hという。そのオープンパーティーが先週の土曜日にあって、私も出席した。じつはその1年余り前、世界的に見れば金持ちであるが、日本国の中では貧乏人にランクされる私に、「出資しないか?」との依頼がHからあった。彼は私の貧乏を知らないので、全くの善意からの申し出である。
 Hは有能であり、誠実である。温厚で正義感が強い。長い付き合いの中でそれらのことを私は感じている。勤めていた会社での一所懸命な仕事ぶりも友人たちから聞いて、知っている。そんな彼なので十分に信用できる。信用度はMとは雲泥の差がある。
 それでも私は、彼の申し出を断った。貧乏人の私が断った理由はもちろん、「貧乏だから」である。数万円ならともかく、数十万円という大金である。それは私の全財産に値する。何かあった時に使える金が無いという状態になる。それは嫌なのである。

 断った理由は「貧乏だから」ということが9割方占めるが、残りの1割に、別のちょっとした理由があった。Hが始める事業についての知識が、私に無かったのである。
 「太った猿?猿を太らせて何するつもりだ?食うつもりか?」
          

  私はスポーツ観戦を、テレビでも実物でもほとんどやらない。スポーツにはあまり興味がないのである。朝青龍がどーのこーの、ハンカチ王子がどーのこーの、ハニカミ王子がどーのこーのなどは、ニュースで知っているだけである。
 サッカーにもあまり興味が無くて、Jリーグの試合どころか、ワールドカップの予選どころか、ワールドカップの本戦でさえ、実況中継を観ない。ニュースで済ませる。そんな私なので、フットサルと言われても、「何それ?」だったのである。

 オープンパーティーでの挨拶によると、フットサルは南米などで盛んで、日本でもこれから人気の上がるスポーツらしい。Hの始めた事業というのは、フットサル競技場の運営である。2年間悪戦苦闘して、やっとオープンとなった。成功を祈る。
          

 記:2007.9.7 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« EPOまどろみ音楽 | トップ | 瓦版040 ぐうたらグーダ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。