ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ジェンダーってナンジャー

2007年06月01日 | ガジ丸通信-社会・生活

 パソコンを始めて3年余りになる友人のHは、3年経った今でも、メールさえ満足にできない。「写真送るのはどうするんだっけ?」などとたびたび訊く。覚える能力も衰えているには違いないが、なにより、覚えようとする意欲が足りないのである。「わからん時は訊けばいいさあ」くらいに思っているようである。
 そういう私もまた、Hのことをとやかく言う資格はあまり無いのである。テレビを観ていて解らない言葉が出てきても、まず調べない。で、覚えようとしない。

 女子高生の使う言葉が解らないのは、別に恥ということにはならないと思うが、頻繁に使われている政治経済などの用語が解らない。特に、最近の外来語はほとんど解らない。解らない言葉はおそらく無数にある。解らないので、思い出すこともできない。クライアントとかリベンジとかを最近、何となく分るようになったくらいだ。が、そういった言葉も、「日本語に訳せるだろう、日本語にしてしゃべってくれ!」と思ってしまう。
 ロハスって言葉も最近よく耳にしており、何となく分るようになった。健康的で環境に優しい生き方ということではないかと認識している。
 最近聞いた言葉では他に、ジェンダーというのがある。男女同権とか、雇用機会均等法とかの話題の中で出てきたので、そういう関係の言葉だとは思うが、「ジェンダーってなんじゃー!」なのである。「一般庶民の分る言葉を使ってくれ!」と思ってしまう。

 話の流れから、「女の特性、男の特性をそれぞれ平等に生かせる社会」をジェンダーは連想させたが、当たっているかどうかは不明。強いて調べようとしない、覚えようとする意欲が足りないオジサン(開き直りでは無い、他にやることがあるのだ)なのである。それはともかく、もしもそうであるなら、ジェンダーという考え方は正しいと思う。

 離婚後300日問題のニュースを観ていて、そんな理不尽な法律が大昔から改正されずにいたのかと思った。それはまるで、「夫の浮気より妻の浮気は罪が重い」みたいではないかと思った。何年か前に、自分は浮気する友人のTが「女房の浮気は絶対許さん」と言っていたのを思い出す。彼はまた、「家族を養う稼ぎができないんだから、女房が夫に従うのは当然だ」などとも言っていた。それは今の社会が、「女の特性、男の特性をそれぞれ平等に生かせる社会」じゃないからだろうと私は思うのである。
 法改正が、「離婚を助長する」、「家族制度が崩壊する」とかの理由で反対されたらしい。反対したのはおそらく、妻は夫に従い、子供は親に従いを当然だと思っている歳取った政治家たちである。人間を型に嵌めるのが好きな保守層である。離婚は手続きの問題では無い、心の問題である。家族は形では無い、心の繋がりである。

  離婚後300日規定は、極端に言えば、男が女の生殖を管理支配するために作られたと思われる。さっさと撤廃すれば良いのにと私は思うのだが、テレビの報道番組を観る限りでは、世の女性たちの「法改正しろ!」という声はちっとも盛り上がっていないみたいである。何故だろう。「法改正しろ!」は、男の私でも思っているのに。
 と思っているからといって、じつは、私が女性の味方というわけでは無い。一夫一婦制は好きじゃないなあ、と思う立場から物申しているだけである。不届き者です。
          

 記:2007.6.1 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版031 博士の無駄な努力 | トップ | 瓦版032 粗食小食の悪魔 »

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジャージアシックス (ジャージアシックス情報)
ジャージアシックスに関する情報を多数そろえています!!
ナビタイム (ナビタイム)
ナビタイムを使うと方向音痴の私でも目的地にばっちり行けますよ。
美白レシピ (美白レシピ)
美白レシピ
マクロビオティック(玄米菜食)なレシピ (マクロビオティック(玄米菜食)なレシピ)
マクロビオティック(玄米菜食)なレシピ