ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウフソーな人々

2008年04月11日 | ガジ丸通信-社会・生活

 ウフソーはウチナーグチ(沖縄口)で、「間抜けとかとんま」のことを言う。ドジした奴に「ウフソーだなぁ」と言ったりする。今でも使われている言葉だ。
 『沖縄大百科事典』によると、「ウフは大きい、ソーは性根、思慮で、思慮が大まかで細かいことに気が回らない人をいう。」とある。「大雑把」とも言えるみたいだ。

 元モー娘の加護ちゃんが自殺未遂を図ったというニュースを見た。彼女は喫煙で会社を首になったらしい。喫煙くらいなら1、2ヶ月の謹慎でいいんじゃないかと私は思うのだが、世間は厳しいようだ。喫煙で自殺なんてバカらしい。頑張ってねって言いたい。
 今やっていることが後でどういう結果になるかということを考えずに失敗してしまう。そういうこともウフソーと言う。加護ちゃんはその時ウフソーだったのだ。
 初めて見た時はCGの美少女かと思った「別に」発言の女優も、「子宮が腐る」発言の女性歌手もちょっとウフソーだっただけだ。私から見れば「何で、そんなことくらいで謹慎するの?」と不思議に思うんだが、世間は厳しいみたいである。

 先週土曜日、昼間、豊見城の知人宅に用があった。夜には愛人3号と密かに呼んでいる人妻Iさんとデートがあった。豊見城の用が終わって、夜のデートまでの間に4時間ほどの余裕があった。デートの場所が近いということもあって桜坂劇場での映画観賞を予定した。桜坂劇場から毎月送られてくるスケジュール表を見る。観たい映画は3本あった。そのうち、最も遅い時間から始まる『いのちの食べ方』に決める。5時20分の上映。
 時間に余裕はあったが、いつものように遅れる。桜坂劇場に着いたのは5時半。まあ、10分くらい遅れても最初は予告編なので構わない。チケットを注文した。すると、
 「もう20分過ぎていますが。」と係員が言う。「えっ!」と思って、壁の上映時間表を見ると、映画は5時10分の開始であった。「チラシには5時20分とあったぞ!」と文句を言ってやろうと思ったが、その前に確認する。バッグからチラシを出し、見る。5時10分と書いてあった。どうやら、私の見間違いだったようだ。
 これは、「ものを大雑把に見る。時間を大雑把に捉える。」という私の性格から来るウフソーである。この場合は、損をするのは本人だけなので、ただのウフソーである。チラシを確認する前に文句を言ったりすると、言われた係員が嫌な思いをするので、本人だけじゃなく他人も迷惑する。この場合はフリムン(狂れ者)となる。

  私の2倍半ほどの年収を得ている友人のMは浪費癖がある。必要の無いことに金を使って後悔するウフソーなのである。ただ、それだけならばただのウフソー。
 彼は去年の3月、日々慎ましい生活をしている私から金を借りて、1年経ってもまだ返していない。こうなると、他人にまで迷惑をかけるフリムンとなる。
 「冬のボーナスが出たら、今度こそ必ず返すから」と言っていたその12月、彼から電話があった。酔って、ろれつの回らない声で、「また、大失敗をしてしまった。来年の夏まで待ってくれ。」と言う。彼の言う大失敗が何なのか、だいたい想像はつくが、まあ、いつものようにウフソーなことをしてしまったのだ。呆れてしまう。
 そんなMから先日メールがあった。「前のを返していないのに申し訳ないが、もう10万円貸してくれ。」との内容。「うっそー!」と私は心の中で叫んでしまった。
          

 記:2008.4.11 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版055 マナの結婚式 | トップ | 見聞録020 コラスマンレイカ... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。