ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オールモスト沖縄

2016年01月29日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 沖縄は年末から雨が多く、年が明けるとさらに雨の日が多くなり、畑仕事が前に進めない。先週土曜日も朝から雨、いつもの事務所でブログ修正作業をしていると、夕方、その事務所の社長であるMさんとその女房(従姉)がやってきた。前日から沖縄も例年通りの冬らしい寒さとなり、この日は観測史上滅多にない冷え込みとなった。さらに小雨が降っていて、こんな日に事務所へやってくるなんて何事?と思っていたら、Mさんは厚手の上着に着替え、さらにその上から合羽を着る。「何するんですか?」と訊いた。
 「選挙は接戦みたいなので、居ても立ってもいられず応援しに、ここから旗振りながら選対事務所まで行こうと思っている。」とのこと。選挙とは宜野湾市長選のこと。翌日が投票日だ。接戦であることはラジオの情報から私も知っていた。Mさんが応援している候補を私も支持はしているが、選挙に関しては何であっても「なるようになるさ」と私はノーテンキに構えているので、冷たい雨の降る中を応援に行くほどの情熱は無い。
 選挙は、Mさんの「風邪引いたって構わない」という情熱的運動も実らない結果となってしまった。普天間基地撤去の気持ちは解るが、だからといって、その危険を辺野古新基地に持って行っていいのか?というのが私の感想で、Mさんも同じ。まあ、選挙はそれだけが争点ではなく、宜野湾にお金が落ちるかどうかっていう問題も大きかったけど。
          
 宜野湾市長選挙の結果に関するスカ官房長官のコメントが、相変わらずスットボケていた。それを聞いて、この人もしかしたら頭悪いのかも、あるいは、なかなか意地悪な心の持ち主かもと思ってしまった。ラジオから聞いただけで、それをメモした訳ではないので正確ではないかもしれないが、「翁長知事の言うオール沖縄がまやかしであることがこれで判明した」といった内容であった。選挙結果から、宜野湾市の2万8千人は辺野古新基地建設に賛成していると判断したのだろうか?沖縄選挙区から出た女性参院議員も同様のことを言っていたらしい。それはもう、同じウチナーンチュとして恥ずかしい。
 翁長知事の言うオール沖縄は、「全ての沖縄人が辺野古新基地に反対である」という意味ではないことは承知のはずである。それを、まるで言葉尻を捉えるみたいに、「ほら見ろ、沖縄の全部が辺野古基地反対ではないじゃないか」といった気分のようだ。「子供かよ!」と思った。頭は悪くない、また、意地悪でも無いのであれば、もしかしたら、沖縄を敵視(蔑視かも)するがあまり正常な判断ができていないのかもしれない。
 
 もしも私が、スカ官房長官にアドバイスできる立場にあったとしたら、
 「少なくとも2万2千人は経済援助の見返りがあったとしても辺野古新基地には反対なんですね、それはしかと受け止めます。ですが、辺野古新基地はどうしても必要です。沖縄の方々には負担になるでしょうが、国全体の為にと理解していただきたい」という謙虚なコメントを勧める。ウチナーンチュの心優しい人々には「なら、しょうがないか」と思う人が増えたかも知れない。心冷たい私はそういう思いにはちっともならないけど。
 もしも私が、知事にアドバイスできる立場にあったとしたら、意地悪野郎に突っ込まれないよう、「オールと言わず、オールモストに言い変えたら良い」と提言したい。
 「俺の言うこと聞けばこれだけやるぜ」と、懐に札束をねじ込むようなことをしなければ、ウチナーンチュのオールモストは辺野古新基地建設に反対だと私は想像する。
          
 記:2016.1.29 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.1.29 沖縄に雪 | トップ | クロジャノメアツバ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。