ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

寅さんは人間卒業

2016年08月05日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 後期オジサンの今、私はスポーツ芸能全般に関心が無い。前期オジサンの頃からプロ野球も大相撲も観なくなっている。プロ野球で言えば落合博光が中日の監督であった頃を知っている。巨人軍の前の監督原は現役の頃を知っているが、今の監督の現役の頃を知らない。大相撲で言えば若貴の頃から興味を失くしている。ラジオからオリンピックの話題が流れてくるが、今のオリンピック代表選手の、おそらく全てを知らない。
 前期オジサンの頃から芸能界にも興味を失くし、私が最後に観たテレビドラマはおそらくNHKの『ちゅらさん』だと記憶している。流行り歌はもっと前から関心が無く、今頭に浮かぶ私の中で最も新しい古い歌は、友人の息子にこの2曲のギター伴奏を教えていたこともあって、スマップの『夜空の向こうで』と森山直太郎の『さくら』だけ。
 テレビドラマも歌番組も観ないけれどバラエティー番組は、前期オジサンの頃まではたびたび観ていた。後期オジサンになってからも2011年7月まではちょこちょこ観ていて、朝の『めざましテレビ』、昼の『笑っていいとも』、夜の『からくりテレビ』などが私のお気に入りであった。そのお陰で若手のタレント芸人なども知っている。例えば、最近話題となったベッキーを知っている。しかし、それ以降の若手は知らない。

 少し前に永六輔の訃報があり、その後、大橋巨泉の訃報があった。私の青春時代、この2人は私がよく知っている芸能人トップ10に入るのではないかと思う位、彼らのラジオを聴いていたしテレビを観ていた。先日は千代の富士の訃報があった。私の青春時代、彼は私がよく知っているスポーツ選手の1人で、大相撲ではNO1の人。私の青春時代が次々いなくなっていく。昭和が遠くなっていく感じがし、寂しさも感じてしまう。
 子供の頃の私はテレビ大好き、スポーツも大好き、流行り唄も大好きだった。コント55号もドリフターズも、ウルトラマンもアニメも大河ドラマも大好きだった。長嶋、王、金田、村山、安仁屋、大鵬、具志堅用高などに興奮した。『帰ってきた酔っ払い』、『小指の想い出』、『サヨナラはダンスの後で』などは今でも歌える。
 子供の頃、『泣いてたまるか』という概ね1話完結のテレビドラマがあり、私は大好きでほとんど欠かさず観ていた。渥美清はその主人公の1人であり、私は渥美清も大好きとなった。電車の中の渥美清、ふと目を向けたその先には女のおっぱいがあり、ついふらふらと痴漢してしまい、警察に捕まり、情無い状況になるという1話を覚えている。
     

 昨日8月4日は渥美清の命日であると、ラジオから聞こえた。亡くなったのは1996年、享年68歳とのこと。68歳は、あまり世の中の役に立っていない私のような人間にとっては「まぁいいか」という歳だが、才ある人には若過ぎる死だ。
 子供の頃ファンになった渥美清だが、その代表作『男はつらいよ』シリーズを私は5~6作しか観ていない。ということで先日、宜野湾市民図書館から『男はつらいよ』の1作を借りて観た。1980年公開の、沖縄が舞台となった『寅次郎ハイビスカスの花』、久々、20年ぶりくらいの『男はつらいよ』だったが、十分に楽しめた。
 フーテンの寅、車寅次郎は魅力的な人間だと思う。車寅次郎をこの世に生み出した渥美清は偉人である。偉人は若くして亡くなったが、それはきっと、神から「あなたは人間卒業です」と卒業証書を得たのだと思う。大横綱千代の富士もそうなのだと思う。
     

 記:2016.8.5 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.8.5 意地悪な天気 | トップ | ダンシャリ中 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。