ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ワタブーショー

2005年03月18日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 先週金曜日、ガジ丸HPのアップに指を忙しく働かせてパソコンのキーボードを叩いていた夕方、つけっ放しにしていたテレビからあるニュースが流れた。私の手が止まった。顔を上げ、テレビを覗き込んだときには、既にそのニュースは終わった後であったが、アナウンサーが口にした言葉は、耳に強く残っていた。
 子供の頃から青春時代にかけて影響を受け、好きだった人が、また一人亡くなった。手塚治虫が死んだとき、アイザック・アシモフが死んだとき、司馬遼太郎が死んだときと同じような思いが心をよぎる。若い頃の私は勉強家では無かったので、影響を受け、好きだった人は数少ない。オジサンになってから、あれも知りたい、これも識りたいと思うようになったが、オジサンは感性が鈍っているのでなかなか影響を受けたり、好きになったりしない。したがって、私の(私が勝手に思う)師匠は少ない。指の数ほどしかいない。
 指の数ほどしかいないうちの一人、嘉手苅林昌が死んだのは1999年、そのうちそのうちと思って結局、生の林昌の演奏を聴くことはできなかった。その後しばらくして、ラジオ局に勤めている友人と話す機会があった。
「林昌が死んだということはだ、彼(1920年生まれ)の次世代の人、林助(1929年生まれ)とか誠仁(1930年生まれ)たちもそろそろそういう歳ということか。生の林昌を観ることはできなかったが、林助と誠仁の生はぜひ観ておきたいな。」と言うと、
 「林助と誠仁のジョイントコンサートが石川市の石川祭りで開催される。大御所二人のジョイントは珍しいと思うよ。行ってみたら。」と勧められた。
 数年前、少なくとも1999年以降から2003年のある日(日記を調べれば何年何月何時頃というのが判るが、今手元に無い)、沖縄本島中部にある石川市で行われていた石川祭りに出掛けた。その祭りの催し物の一つで、珍しい組み合わせのジョイントコンサートが開かれた。珍しい組み合わせとは、照屋林助と登川誠仁。
 石川市と林助と誠仁には共通項がある。石川市に歯科医を開業していた小那覇全孝という人が、林助と誠仁の師匠であった。小那覇全孝は芸名を小那覇舞天(おなはぶーてん)という沖縄では有名な漫談家。その時のジョイントコンサートもブーテンをテーマにしており、林助と誠仁、二人の話も先生、ブーテンの話が中心であった。
 ブーテンは二人の弟子を一緒に連れ歩くことはなく、弟子の頃、林助と誠仁は顔を合わすことが無かったらしい。誠仁には音楽を、林助には漫談をと思ってのことだったのか、その後、誠仁は民謡で大成し、林助は「ワタブーショー」で一世を風靡する。
 ワタは腹、ブーは太っているの意。ワタブーは太鼓腹のことを指す。林助のお腹は、私が子供の頃からワタブーであった。でぶった腹を揺らしながら面白い話をし、愉快な歌を歌った。そのユーモアがツボにぴったりはまって、私は涙を流しながら笑っていた。
 林助の飄々とした笑い、とぼけた笑いが私の笑いの感性に大きな影響を与えている。林助にも「ワタブーショー」にも、たくさんの元気を貰ったと思う。感謝。
 ジョイントコンサートで、沖縄産たばこバイオレットをプカプカやっていた誠仁は、顔にも声にも張りがあり、いかにも元気という印象であったが、林助は杖を頼って歩き、声にも張りが無く、笑いも弱々しい感じがした。思えばその頃から体も弱っていたのだ。

 記:2005.3.18 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人になったら | トップ | 空家の有効活用 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。