ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ケラ

2011年10月21日 | 沖縄の動物:昆虫-直翅目(バッタ他)

 懐かしい名前

 畑を耕している時、土中に見知らぬ虫を見つけた。「見知らぬ虫を見つけた」とはいかにも虫のことはたいてい知っていて、珍しく見知らぬ虫に出会ったみたいな言い方だが、土中の中には、目で確認できるほどの大きさに限って言えば、虫の数は少ない。蟻の類、ゴキブリの類、他の動物でもミミズの類、ナメクジ、ヒルの類、ブラーミニメクラヘビくらいしかいない。なので、「なんじゃこりゃ」と思う者に出会うことは少ない。
  その時、「なんじゃこりゃ」と思ったものは、私の眼にはバッタの類かな?と見えた。体長3~4センチとまあまあの大きさで、しっかり写真が撮れ、後日調べる。

 「あー何と、あなたでしたか、名前だけは子供の頃から親しんでいます。」と、もしも目の前にその時の虫がいたならば、そう伝えたであろう。ケラさん。
 「ミミズだーてっ、オケラだーてっ、アメンボだーてっ」と子供の頃歌っていた、やなせたかしの名作『手のひらを太陽に』に出てくるあのオケラ。一度も会ったことがないけれどとても懐かしいあのオケラ。「あー、沖縄にもいたんですね、やっぱり生きてるんですね。」と、今度会ったら声をかけてやろうと思う。

 
 ケラ(螻蛄・螻):バッタ目の昆虫
 ケラ科 日本全土から東南アジアに分布 方言名:不詳
 名前の由来については資料が無く不明。螻蛄、螻という漢字は広辞苑にあった。同じく広辞苑で「むしけら」を引くと虫螻と字が充てられている。しかしその意味はケラを特に指したものでは無く、「虫をいやしめていう語。また、とるに足りないとして人をいやしめていう語」とのこと。ケラが「むしけら」の代表というわけでも無い。
 初めて見た時はバッタかと私は思ったが、広辞苑には「コオロギに似て」とある。で、調べる。バッタ目(直翅目)はバッタ亜目とキリギリス亜目に分けられ、ケラはキリギリス亜目に含まれバッタとは離れる。さらに、キリギリス亜目の中のコオロギ上科ケラ科に分類されている。よって、「何に似るか?」の勝負は私の負け、広辞苑の勝ち。
 体長は雄27~30ミリ、雌30~35ミリ。土中生活をし、トンネルを掘って住まいを作る。食性は雑食性で、昆虫やミミズ、植物根などを食べる。
 「これを俗に「みみずが鳴く」という」(広辞苑)という鳴き声、「みみずが鳴く」という言葉自体私は知らなかったが、私はたぶん、その鳴き声をそれと知って聞いたことは無い。雄はジィー、雌はジィジィと鳴くらしい。成虫の出現は4~9月。
 
 横から

 記:2011.10.18 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドタバタ時代劇 | トップ | 本の本分 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。