ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

自給自足の強大な敵

2014年07月25日 | ガジ丸通信-環境・自然

 今、サンサナー(クマゼミ)が最盛期で、畑でもアパートの周りでも朝から煩く鳴いている。彼らが鳴き始めるのは概ね5時半、通常であればその時間、私は朝食を食べているか、既に食べ終え、コーヒーの準備をしている頃だ。しかし、最近はサンサナーの声に起こされることが多い。起きるのも「えいっ!」と気合を入れなければならない。
  たぶん、疲れているのだ私は。夜、暑くて、寝苦しくてぐっすり眠れていないという理由もあろうが、真夏だというのに平均9時間(頻繁に休憩するので実働は6時間ほど)労働を、炎天下での労働を続けて疲れているのだ。腰は重いし、農作業でも大工仕事でも酷使している右手の手首や肘にも痛みがある。暑さに心も萎えている。

 台風八ちゃんが襲ったのは先週火曜日、翌水曜日は記録的な大雨、雨が上がった昼過ぎに畑へ行き、八ちゃんの爪痕を見る。「酷ぇ~」という感想。
  売れると思っていたバナナ5房、アセロラ50~60個、パパイア20前後、グヮバ30~40個が倒されたり、落とされたりして大損害。野菜のニラも葉が千切れて売り物にならない。ゴーヤーは10株植えた内6株は根元から引き千切れて消えた。オクラは10株植えた内全部生き残ったが、着けていた実は全て消えた。自分用として植えてあったナス2株、ピーマン2株、キュウリ2株は枯れた。
 売る野菜果実が全く無いのでしばらく収入の無い時期が続く。自給自足用の野菜もないので、野菜農家(のはしくれ、にもならない か、まだ見習い)としては恥を忍んで、他所から野菜を買わなければならない状況になってしまった。

 台風1個が通り過ぎて、それが私に与えた影響は、収入が消える、自給の野菜も自足できなくなる、だけでは無い。台風八ちゃんは私に大量の仕事を与えていった。ほとんど収入にならない仕事だ。タダ働きだ、「俺は奴隷じゃねーぞ」と思うがしょうがない。
 倒れた果樹を立て起こす作業、グヮバが30本、アセロラ1本、パパイア4株、ビワ8株、シークヮーサー2本、アボカド4本など、2日費やした。それはまだいい。立て起こして、持ち直して、再び実をつければ収入に結び付く。
 畑小屋の壁に貼っていたブルーシート、丸めて小屋に結び付けていたのだが、それが一部引き剥がされ、ほとんど全部がボロボロになっていた。その補修、畑小屋の屋根に貼り付けていたいたプラスチックのトタン板が8枚の内5枚引き剥がされていた。その補修。これらは収入に結びつかない、どころか、資材購入などで大きな支出となる。

  小屋の壁をブルーシートから杉板に貼り替えることにした。杉板を焼いて磨いて塗装してと手間もかかったが、材料代も約1万5千円した。小屋の屋根をプラスチックから本物(金属製)のトタンに葺き替えることにした。万が一飛んだ場合、金属製は危険だからと思ってプラスチックにしていたのだが、プラスチックは台風のたびに飛ばされる。そのたびに手間と金がかかる、よって、今回は思い切って、金属トタンを使い、飛ばないようしっかり止めることにした。その材料費が約4万円もかかった。
 それらの修復にはたっぷりの時間もかかっている。なので、私は最近疲れている。金も時間も体力も多く消費した。台風は自給自足の強大な敵だと改めて認識した。
          
          
          
          

 記:2014.7.25 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミイデラゴミムシ | トップ | アオムネスジタマムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。