ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

傾かない天秤

2008年10月31日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 現場が忙しいとのことで、去った日曜日、休日出勤となった。久々の肉体労働、終わった後のビールが美味いので、それはそれでいいのだが、時間を取られるのが嫌。
 週末は稼ぎ時である。「稼ぎ」はお金じゃなくて、調べ物をしたり、記事を書いたり、絵を描いたり、音楽を作ったりの稼ぎ。私の創るものなど、他人にはどうでもいいことであろうが、私にとっては人生の楽しみとなっている。なので、大事。
 10月はそれまでも、第二週末は宮崎から遊びに来た友人と過ごし、その翌週は母の一周忌があったりして、週末の稼ぎ(創作の)が少なかった。そして先週末、金曜日は金曜日の職場の仕事に時間を取られ、日曜日には上述の休日出勤が予定にあった。
 で、その間の土曜日、この日は一日、創作に充てたいと考えていた。ところが、前日、桜坂劇場から送られてきた10月の(上映作品などを紹介している)小冊子を見た時、それに挟まれていた封筒に気付いた。映画招待券が入っていた。桜坂劇場は会員に対し、その誕生月に招待券を1枚くれる。で、私の誕生月、10月限りの映画招待券。
 これまで、そういった無料の招待券を私は何枚も無駄にしている。時間の都合がつかなかったりしたのだ。1枚1000円、発泡酒なら7、8本飲める。勿体無い、と今回は思った。特に観たいと思う映画は無かったのだが、観に行った。

 特に観たい映画は、じつは、その前日まではあった。『きみの友だち』という作品。テレビなどで話題になっていなくて、一般にもあまり知られていないと思うが、小冊子に書かれてある紹介文を読んで、気になっていた。その後、たまたま友人のSから電話があって、その映画のことを彼が大いに褒めていたので、観たいと思っていた。
  が、残念ながら前日に上映終了。まあ、終わったものはしょうが無い。で、その次に気になっていた『たみおのしあわせ』を観た。オダギリジョーが主役、原田芳雄がその父親役で準主役。他に大竹しのぶ、小林薫などの芸達者が出ている。大いに期待する。
 が、残念ながら、映画は期待ほどのものでは無かった。私の感性では理解できないシーンがいくつも出てきた。ラスト近くになるにつれてそういうシーンは増えていった。何で父と息子が結婚式場から手を繋いで逃げるの?何で突然、死んだ母親がバスから降りてきたの?など。ラスト、画面には「そして夏になった」と文字が出て、それで終わった。夏が来てどうなったの?と私の感性は消化不良で終わった。

 まあ、そんなことはあっても、それなりに面白かっし、1000円を無駄にせずに済んだのだ。めでたしめでたしである。と思いつつ、外のベンチに座って一服する。
 一服しながら考えた。1000円は無駄にしなかったが、さて、映画を観ていた2時間という時間は無駄ではなかっただろうかと。ちょっと判断に迷う。映画館への往復を含めて3時間、家で絵を描いていた方が楽しかったかも、と思ったのである。
 1000円+映画と3時間を天秤にかける。どちらが勿体無いかの天秤だ。天秤はどちらにも傾かない。映画の後、散歩しながら歩いて帰った。1万5千歩の3時間。この3時間もまた、天秤にかけてみた。今度も天秤は傾かない。そして、それが何故かはすぐに気付いた。平和な日本でのんびり生きている私の時間に、天秤で量れるほどの価値の差は出ないということだ。生きることに不安の無い3時間、何をしても目糞鼻糞。
          

 記:2008.10.31 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウチナーンチュもシャキッ! | トップ | 発明030 白馬のおじぃ様 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。