ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

時代に追われるオヤジたち

2006年06月30日 | ガジ丸通信-社会・生活

 あと十年、もしくは十五年も若ければ、
 「おい、ほしのあきって知ってるか?すごく可愛い顔してるけど、これがまた、すごくエロっぽい女なんだ。裸になっているわけじゃないけど、せいぜい下着姿なんだけど、表情がエッチで、顔を見てるだけで股間が疼くし、ポーズも嫌らしくて、史上最強の鼻血もんだぜ。」などと友人たちに、私は興奮して語ったに違いない。
 先日訪れた高知県立美術館で、その時やっていた企画展『造形集団海洋堂の軌跡』を観た。海洋堂についてはまったく知識の無い私であったが、展示されていたフィギアの精巧さ、そして、それを産み出した想像力には少なからず驚かされた。
   女性の性的魅力を過剰表現したと思われるフィギアもいくつかあって、その、異常に大きなおっぱいにも私は驚かされた。「うーん、これほどでかくないと性的魅力が無いということだろうか、こういうのが一般受けするのであろうか」と私の思考は動き、「よし、おっぱいの大きな女を描いてみよう」と思い立った。上手く描ければ、ガジ丸のキャラクターの一つに加えよう、エンマン大王の秘書にでもしようと考えたのである。
 今まで生きてきた中で、大きなおっぱいの持ち主が回りにいなかったせいか、私の脳の中にそのような女性が存在せず、想像ができず、絵は、結局描けなかった。モデルが必要であった。で、本屋へ行き、もう十年程もご無沙汰しているエロ雑誌のコーナーに立ち、おっぱいの大きな女性が載っていそうな雑誌を物色した。そして、580円もする雑誌を1冊買った。その雑誌はエロ雑誌というわけでは無かった。アイドルの写真とかメイドカフェの特集とか、いわゆるアキバ系の雑誌であった。その雑誌の表紙にほしのあきが載っており、巻頭グラビア数ページも彼女の、脱いでは無いが、エロい写真であった。
          
          
 
 先週、金曜日の職場でいつものようにHPのアップ作業をやっていると、お昼過ぎに新しい生徒が来た。生徒?・・・ではない。私は教師では無い。
 木工職人のMさんとは、私が趣味で木工をやっている時に世話になっていたが、会うのは数年ぶり。最近になって木工図面にCAD(図面を引くソフト)を使うようになって、それを教えて欲しいとのことで、久々の来訪であった。
 Mさんは、それまでパソコンに縁が無く、ために、買ってから2年以上経ったのだが、未だに多くのことがチンプンカンプンらしい。よって、Mさんが教わりたかったのはCADだけでなく、パソコンの基本操作についてでもあった。ファイル整理、フォルダ作成、メール設定など一通り教えた。が、おそらく彼は、それらをちゃんと理解できてない。
 中年になってからのパソコンは難しいと思う。それでも何とかできるようにならなければ仕事が取れない。今までやってきた通りにやっていたんでは競争に勝てない。時代に取り残される。時代に追われるオヤジたちは皆、必死なのである。
  時代に追われるオヤジたちに流行を追う余裕なんて無い。「おい、ほしのあきって知ってるか?」と訊いても、私の友人たちの多くは、「誰、それ?」であろう。メイドカフェは知っていても、そこに行った奴はいないであろう。時代に追われるオヤジたちは日々の労働にも追われ四苦八苦している。冷や汗流し、脂汗垂らし、内臓に脂肪が溜まり、腰や膝も痛い。飲んで憂さ晴らして、一日をやり過ごす。ご同輩、でも頑張るしか・・・。
          

 記:2006.6.30 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さっきの記憶 | トップ | 温暖化は着実に »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。