ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

コウトウシロシタセセリ

2011年11月03日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 嫌いな漢字

 下等、中等、上等という言葉の中で、中等、上等はそれぞれ中等学校、上等小学校などと使われるが、下等は、下等学校などと使われることは無い。下等は、下等動物などとあるように、あまり良いイメージは無い。嫌われる言葉の一つであろう。
 等がつくものとしては他に、高等という言葉もあり、これは中学校の次に進む学校に使われる。そして、下等と同じく低等という言葉もまた、あまり使われないようである。これも嫌われる言葉の一つであろう。低等という言葉は、広辞苑には無い。
 さて、コウトウは高等と書くと良いイメージだが、頭頂部の薄くなった私にとっては、コウトウというと光頭を連想して悪いイメージとなる。嫌いな漢字となる。頭頂部なので正面から見ると判らないが、テイトウ(低頭)するとコウトウ(光頭)がばれる。ちなみに、「はげあたま」のことを禿頭と書くが、これは「とくとう」と読む。光り輝く頭は、数ある頭の中でも特等である、なんて連想されて、これは良い響き。

 別項の「スキップするチョウ」で数種のセセリチョウを紹介したが、先日の八重山の旅で、スキップしないセセリチョウを発見した。このチョウ、名前をコウトウシロシタセセリというが、頭が禿げているわけではない。コウトウが何に由来するか分らなかった。

 コウトウシロシタセセリ(こうとう白下挵):鱗翅目の昆虫
 セセリチョウ科 石垣島、西表島、東南アジア、他に分布 方言名:ハベル
 どの文献にも漢字の記載が無い。翅の下方に白い紋があるのでシロシタは「白下」かと推理されるが、コウトウは少し難問。私の嫌いな字である「光頭」なのかと写真をよく見たが、頭は光っていない。ならば、地名かもしれない。「江東」は東京の江東区のことでは無く、中国の長江下流の南岸の地のことを指す。が、分布地にそのような名前は無い。あるいは、他のセセリチョウに比べて飛び方が上手いので、「高等」なのかも。
 沖縄で見られる他のセセリチョウとは見た目が明らかに違う。調べるまで私は、本種がセセリチョウの仲間であるとは全く予想していなかった。見た目だけでは無い。セセリチョウは翅を開いて止まることは少なく、開いても完全には開かない。しかし、本種は完全に翅を開いて止まる。飛び方もスキップでは無く、ヒラヒラ飛んでいた。本種は沖縄に生息するセセリチョウのうち、チャマダラセセリ亜科に属する唯一のものであるらしい。
 前翅長20ミリ内外。成虫の出現時期は、年によって状況が違い詳細は不明とのことだがほぼ周年とあり、12月から1月に多いとある。食草はソメモノイモなど。
 
 成虫   

 記:ガジ丸 2005.12.6  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤエヤマウラナミジャノメ | トップ | リュウキュウミスジ/コミスジ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。