ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オキナワオオカマキリ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-カマキリ・その他

 君のためなら死ねる

  私が好きになった女性には申し訳ないことであるが、私はあまり情熱的な男では無い。恋は、そりゃあ上手く行くに越したことは無いが、「何が何でも」とか、「石に齧りついてでも」とか、「不退転の決意を持って」とかの情熱を私は持ち合わせていない。「なんくるないさ(なるようになるさ)」とか「ケセラセラ」の気分が勝っている。
 「君のためなら死ねる」なんて歯の浮くようなセリフが、本心なのかどうかについて私ははなはだ疑問に思っている。まあ、世の中人それぞれ、十人十色、百人百様、千差万別なので、そう言う男もまれにはいよう。「それは本心だ」という奴もいよう。 それでも私は、「いやいや、アンタ、それは思い込みじゃないのかい。そう思い込もうとしているんじゃないのかい。ホントにホントは下心のあることじゃないのかい。」などと思う。まったく疑い深いオジサンなのだ。情熱のある若者よ!こんなオジサン、無視してね。

 交尾の後、カマキリの雌が雄をガジガジ食うという話を聞いたことはあるが、それは、餌が少ないなどの悪条件があって、まれに見られる行動なのかと思っていたが、文献を調べるとよくあることらしい。しかし、だからといってカマキリの雄が「君のためなら死ねる」と思って喜んでガジガジされているとは思いたくない。カマキリの雄も実は、「嫌だあ!死にたくないよー。別の雌とも交尾したいよー。」と思っているに違いない。

 
 オキナワオオカマキリ(沖縄大蟷螂):カマキリ目の昆虫
 カマキリ科 沖縄、小浜、宮古、石垣、西表に分布 方言名:イサトゥ
 「最近の調査から、沖縄に生息するTenodera属2種は、本土産2種と・・・別種だと考えられる」と『沖縄昆虫野外活動図鑑』にある。ここでいう本土産2種とはチョウセンカマキリとオオカマキリで、沖縄の2種はオキナワオオカマキリとムナビロカマキリ。沖縄の2種はどちらも「新称」とある。『沖縄昆虫野外活動図鑑』は1987年の発行、今でもその2種が「新称」のままかどうかは不明。
 本土産2種と沖縄産2種にはそれぞれ後翅の紋に違いがあり、同書にはその図解もあったが、そういった細かい識別については、ガジ丸には手に余ること。
 体長90ミリ内外。出現は秋から冬。生息地は主に草地。
 
 横から
 
 子供

 記:ガジ丸 2005.11.15 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自給自足の険しい道:社会編 | トップ | オキナワナナフシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。