ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

過ちを犯さないシステム

2005年04月22日 | ガジ丸通信-社会・生活

 休肝日明けの昨日(21日)、仕事帰りにスーパーへ寄って酒の肴を物色する。宮城産の生タラ、沖縄産の和牛ロースなどの他に、鹿児島産の新タケノコがあったので買う。タケノコこそ旬。旬に竹冠で筍(タケノコ)とするくらいだ。旬のものを食わなきゃ。
 今までも皮付きのタケノコは何度も買っていて、世間で言われているように皮付きのまま、米糠、または米の研ぎ汁で茹でて、ざるにあけ、下拵えを済ませていた。だいたいそれで、市販の袋詰の茹でタケノコと変らぬ程度に仕上がっていた。その後、下拵えの済んだタケノコに醤油、みりん、酒、砂糖などで味付けして、美味しく食べていた。
 昨夜は、タケノコを美味しく食べるための、世間で言われているマニュアルを全て無視して調理した。皮を剥いて、水で茹でる。新鮮なタケノコはえぐみが少ないと、数日前のテレビ番組で聞いていたからというのが理由の一つだが、えぐみって言ったってそうたいしたことはないんじゃないのという油断が私にあったのだ。未経験なことに対する甘い判断をしたのであった。その後、その茹で汁にそのまま味付けして、食った。
 「えぐい」という意味が、体感として初めて私は知った。それはもう知識として知ったという段階を超えて、自らが説明できるほどに「えぐい」を理解したといっていい。捨てるのは勿体無いと思い、我慢して食ったが、三分の一で限界に達した。口の中が不快。酒は不味くなるし、生タラの天ぷらも、和牛のすき焼風ピリカラ炒めも台無しとなった。
 口の中のえぐみはなかなか消えなくて、もはや酔っ払って忘れるしか無かろうと思ったが、飲む酒も嫌な味に感じて、不快感が増すばかり。しまいには腹も痛くなってきた。
 こうした方が良い、と解っていて人間はバカなことをする。オバー(婆さん)はそう言っていたが本当は違うかもしれない。言うことを無視して試してみよう、なんて思う。戦争は悲惨で、二度と起こしてはならないとオジー(爺さん)が言っても、もしかしたらそれほど悲惨ではないかもしれない、などと思う。バーチャルの世界で暴力に興奮する若者たちに、そんなことを思う人間がこの先、増えていくかもしれない。
 人の思いというのは自由で、統制の効かないものだ。「隣の国なんて、ぶっつぶしてしまえ。」なんて思うのも自由だ。それは過ちなんだが、思うだけの過ちは止めることができない。過ちを行動に移すことができないようにしなければならない。
 日本はこれから将来にかけて二度と戦争は起こさない、と誓った憲法で、過去の過ちを繰り返すことの無いシステムを作った。そうしたことで周りの国々、世界の人々へ、日本は過去に対して深い反省をしているということは十分に理解されているはずだ。
 歴史認識の違いはたいした問題では無い。沖縄で起きた日本軍による沖縄住民への残虐行為なんて、あったことは事実かもしれないが、これから未来にかけては、もうそのようなことは起こらないというシステムが日本にはある。武力を国の力として誇示するような隣国に比べれば、少なくともこれまでの60年間は日本に過ちは少ない。また、これから先の未来(いつまでかは、そのシステムを維持できるかどうかによる)にかけても、日本の方がずっと過ちを犯さずに済む確率は低いものだと思う。

 記:ガジ丸 2005.4.22

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワタルの世界 | トップ | 止まらないルームランナー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。