ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

感謝知らずの農夫

2015年12月11日 | ガジ丸通信-環境・自然

 静岡の才色兼備K女史から写真付きのメール(シャメとか言うの?)がきた。「書と活け花のコラボ展があって、私も出品しました」とあり、写真は彼女の作品。
 K女史の才は、仕事は公務員、公務員試験に楽々合格できるほど勉強ができる。仕事とは関係のない語学にも秀でている。英語ペラペラ、中国語とスペイン語もできる。さらにその上、和の伝統文化にも才を発揮している。茶道は若い頃から続けており、着付けもできる。それだけでも「すげぇ女」と思っていたのに活け花もする。
 私も20年ほど前、茶道教室に半年ほど通っていたので、茶道に活け花はつきものと知ってはいたのだが、何しろ20年前なのですっかり忘れていた。彼女の作品は、そんな素人の私が見ても「見事」と感じるものであった。
 そんな「すげぇ女」の「見事」な作品に感心しながらも、私は私の身の回りにある「見事」を頭に浮かべていた。私は花を活けないけれど、私の周りで花は勝手に活きている。ちゃんと確認したわけではないが、雑草も含めれば私の畑に花が活きていない日はたぶん無い。K女史の作品が人為の芸術であるとするならば、畑に咲く花は自然の芸術。両者、土俵が異なるので比べるものではないが、私は自然の芸術にたぶん、癒されている。
          

 そう、癒されているのだ。普段はそんなことちっとも感じていなかった。そうなんだ、よーく考えれば癒されている。花だけでは無い。作物が成長するのにも、実りを得た時にも私は喜びを感じ、癒されているはず。植物だけでは無い。畑にいる、あるいは、やってくる動物にも癒されているはず。鳥にもネズミにもカエルにも、チョウにもトンボにもバッタにも、生きるエネルギーを感じ、癒されているはずなのだ。
 畑の作物に関していえば、種を播けば芽が出るのは当たり前、芽が出れば成長するのは当たり前、成長すれば実るのは当たり前などと私は思っていた。
 ここで言う「当たり前」は大多数がそうであるということであり、100粒の種を播けば90粒は芽が出るみたいなこと。実際に、市販の種を播けばその程度の確率で芽は出てくる。ただ、それが自然の恵みであるということを私は忘れていた。

 そんなこと書くと、いかにも私が謙虚で真面目な人間みたいに見えるが、真面目とは言えるかもしれないが、実際はあんまり謙虚では無い。基本的に、生きることに対して「何とかなるさ」といったテーゲー(テキトーといった意のウチナーグチ)気分で日々過ごしている。「テーゲーでも生きてはいけるさ」と傲慢かもしれないが、思っている。そんな私が、「自然の恵みを感じている」って、私をよく知っている友人たちから見ると、「孤独に暮らしすぎて頭がちょっと変になったか?」と思うかもしれない。
 たとえ頭が変だとしても、それは元々からのもので最近から急におかしくなったのでは無い。300坪の畑なっぴばるを始めて3年余、虫にやられ、長雨にやられ、干ばつにやられ、毎年の台風にはこっぴどくやられなどして、今年もまた夏場に作物ができず、収入が全く無かった時、それまで感謝知らずの私であったが、ふと悟ったのである。
 「自然には勝てねぇ、勝てねぇけど、虫がいるから土が育ち、花も受粉する。雨が降るから陽が照るから作物は育つ。自然にはむしろ、俺はたくさん助けられている。それに、台風に襲われても畑に食い物はあるじゃねぇか。」と気付いた。感謝しなきゃ。
          

 記:2015.12.4 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.12.11 遅れる衣替え | トップ | ハスモンヨトウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。