ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

シンプルのための煩雑

2011年11月11日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 今年(2011年)5月、その時住んでいたアパートの部屋にシロアリが発生し、シロアリ殺虫剤(1000円近くする)を一万五千円分ほど使ったが、シロアリは部屋の床、壁、天井の四方八方から私を取り囲み、殺しても殺しても、後から後から湧いてくる。ということで、7月には白旗を上げ、8月一杯の落城(部屋を出ていく)を決めた。
 8月中旬から新しいアパート探しを始めたが、すぐには見つかるまい、9月中は実家で暮らさなければならないであろうと想定し、部屋の荷物のほとんどを実家へ運んだ。ところが、8月末に新居が急遽決まり、9月初めには実家へ運んだ荷物を新居へ運ぶ作業となった。二週間ばかりの間に2度の引っ越しをやったということになる。

  引っ越し作業は家具作りも含まれ、新たにいくつかの家具を作った。小さな家具、分解できる家具など、次に引っ越す時、自分一人で部屋の中のものを全て運べるようにと考えてのこと。それら家具は木材を切って、くっつけて、塗装するまで全て手作り。なので時間がかかった。10月27日にノートパソコン用のテーブルができ、予定していた家具は全て完成となったが、その後、予定に無かったものも作った。
          

 新たな家具作りをしながら、我が持ち物の処分も10月からやっている。家財道具はワンボックスカーに収まる分だけというシンプル生活を目指してのこと。私の蔵書は、100冊ほどを捨て、200冊ほどは実家へ置いてある。今部屋にあるのは約100冊、これらは捨てられない、少なくとも年に1回は目を通す必要な書物ばかりである。
  音楽CDの整理もやっている。パソコンに全て保存して、CDそのものは処分しようと思ってのこと。既に70枚ほどをデータ化(MP3)した。部屋のデスクトップパソコンは今、ジュークボックス(って知らないかなぁ、若い人は)のようになっている。
 古い写真の整理もやっている。15年ほど前の彼女とのアツアツ長崎の旅の写真も数枚を残して処分(燃えるゴミ)した。古い手紙や葉書も、観た映画演劇、旅行した先のカタログ、美術館でのメモなどの想い出も処分しようと思っている。
 そういった作業は実は煩雑である。いちいち中味を見て、「これはこの先、生きていく上で必要な想い出であるか否か」を判断しなければならない。それを判断した上で「パソコンデータ化するべきか否か」をさらに判断し、パソコンデータ化すべきと判断したものはそうしている。そのパソコンデータ化する作業がとても煩雑なのである。
 音楽CDのデータ化は、データ化そのものはパソコンがやってくれるが、一曲一曲に名前をつけるのは手作業となる。これまで1200曲余りの名前を入力してきたが、時間がかかった。写真はスキャナーでスキャンする予定だが、これもおそらく時間のかかる煩雑な作業となるであろう。シンプルに生きるためには煩雑な作業が必要みたいだ。
          

 5月のシロアリから、以上の作業などだけでは無く、実家の整理整頓、掃除も並行してやってきた。猫の手も間に合わないほどバタバタ動いてきた。お陰で、畑作業が犠牲となってしまっている。私は実は、「畑は生きる糧である」と言いながら、本心では趣味の園芸としか捉えていないに違いない。「本気でやれ!」と自分に言いたい。食料の自給自足が国単位でも重要であることを、ついでに、国にも言っておきたい。

 記:2011.11.11 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナガサキアゲハ | トップ | 帰る場所の無い黄昏 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。