ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

何も無い、ということは無い

2010年09月24日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 友人Iが大腸ガンで入院し、大腸の一部を切り取るという大手術を行った。幸い、手術は成功し、彼は今元気で、大好きなビールも飲めるようになっている。
 歳を重ねるほどに肉体は衰える。筋肉だけで無く、体を形成する細胞の一つ一つが老化して弱っている。骨も皮も、関節も筋も、脳も内臓も弱る。Iは煙草を吸い、酒を飲み、ストレスを感じる仕事をしている。それがさらに体を弱らせる。
 ガジ丸の唄の一つ、『病も山のように』の一節、

 これまで溜めてきたツケが来て 霞み目 難聴 歯周病
 もはや限界超えてる 血糖値 倒れても当然 高血圧
 誰のせいでもないのさ不摂生 運動しないで食うばかり
 そんなこんなでやっぱり歳とれば 病も山のようにやってくる

  仕事のストレスはほとんど無いが、I同様、煙草を吸い、酒を飲む私もまた、肉体はそれなりに衰えている。この30年で病院(歯医者除く)の世話になったのは、親指の爪先半分を切り落としそうな怪我で救急病院に1回、脂肪種の切除で2回、膝の関節炎で1回の計4回だけだが、じつは私にはおそらく、表に現れない病気があるに違いない。50過ぎた不摂生のオッサンに、何も無い、ということは無い、と思う。しかし・・・、
          

 私の考えでは、オジサンに限らず、人の体は絶えずガン細胞に狙われている。そしておそらく、ときどきガンになっている。そのガンが症状として表に現れる前に、体内の抵抗勢力たちが頑張って、ガンを治しているに違いないのだ。私はたぶん、何十回も体のどこかにガン細胞ができ、気付かぬうちに治っているのだと思う。
 私の考えでは、検査をするから病気が見つかる。見つかると、放っておけばそのうち勝手に治るものでも、薬飲んだり、手術したりする。薬や手術に頼ると体内の自然治癒力が弱まり、次に似たような病気になった時にはもはや、薬や手術に頼らなければ治せなくなる。そうなると、定期的に検査を受け、早期発見を心掛けなければならなくなる。
 何が言いたいかのと言うと、薬や手術によって、体が本来持っているはずの自然治癒力が弱くなるってこと。病気が見つかると薬漬けにされたり、手術されたりして、自らの生きようとする力を衰えさせているってこと。つまり、病気が見つからなければ、薬や手術に頼ることはない。で、私はこの30年、健康診断を受けていない。

  大腸ガンの手術をしたIは、それまで(手術は8月、その3ヶ月前には会っている)普通に元気だった。病気していそうな顔付でも体付きでも無かった。それが突然、「悪性腫瘍が見つかった、患部だけ取り除くには腫瘍が大きすぎる、大腸の一部ごと取り除かなければならない。」と言われたのだ。まさに青天の霹靂であったに違いない。「まさか自分がそんな病気になるなんて」と思ったに違いない。
 「まさか自分がそんな病気になるなんて」なんて、私なんぞが全くその類である。だから定期健診なども受けないのだ。私の体に「何も無い、ということは無い」とも思っているが、あったらあったでいいさ、死ぬ時は死ぬ時さ、とも思っている。

 記:2010.9.24 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こうこうしたい時 | トップ | 慶良間1渡嘉敷島 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。