ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

自給自足の険しい道:飲食編

2011年06月17日 | ガジ丸通信-社会・生活

 甘藷(サツマイモのこと、琉球から薩摩が奪ったのに何でサツマなんだと腑に落ちないので、私はサツマイモという名を使いたくない)さえあれば、食は概ね足りる。栄養分で足りないのは塩と蛋白質だけらしい。塩は海から採れる。蛋白質は、将来は魚釣りも念頭にあるが、当分は豆から採る。そのつもりで、私の畑にはウズラマメ、インゲンマメ、ラッカセイ、エダマメなどの豆類をその季節季節に植えている。
 芋だって、甘藷だけでは無い。ヤマイモも植えてあり、先日キャッサバ(タピオカが採れる)も植えた。さらにはタイモやサトイモなども植える予定でいる。それらの芋で、とりあえず腹を満たす。「腹を満たす」というのは気分の問題では無く、1日生きて行けるだけのエネルギーを摂取するという意味。余分には食わない。

 数年前から流行り出した地産地消、何で流行ったのかはっきり覚えていないが、地元のものを地元で消費すれば運搬する必要が無い、よって、ガソリンの節約になる、といったエコ運動の一つだったのではないか。地産地消は広辞苑にも載っているちゃんとした日本語。自産自消という言葉を時々私は使っているが、これは広辞苑に無い。たぶん流行ったことも無いし、昔からある言葉でも無い。「自分で生産したものを自分で消費すること」という意味。自給自足よりずっとハードルの低い言葉。ちなみに自給自足とは「自らの需要を自らの生産で満たすこと」(広辞苑)だが、自産自消は需要を満たさない。

  私は今、自産自消をしているが自給自足には至っていない。満たしていないものはたくさんある。ここに列挙するとページが埋まってしまうほどある。ので、満たしている方のものを挙げると甘藷とネギくらい。ネギも種は購入しているので厳密に言えば、自給自足できているいるのは甘藷だけとなる。去年から甘藷は他所で購入していない。
 しかしながら、「芋だけで生きていこうと思えば生きていけないことはない」かもしれないが、芋だけで生きていくのはきっと楽しくない。エダマメでビールを飲みたいし、焼きナスで日本酒を飲みたいし、冷えたトマトを齧りながらワインも飲みたい。
 ゴーヤーは天ぷらにしたい、ナーベーラー(ヘチマ)は味噌煮にしたい、キャベツはコールスローにしたい、トウモロコシはバター焼きにしたい、オクラはフライにしてケチャップをつけて食いたい、などなど、楽しく生きるためには甘藷以外の野菜も、ケチャップやマヨネーズ、味噌などの調味料も、ビールやワインなどの飲み物も必要。
          

  前回、生活の自給自足は難しいと書いたが、自分では作れない、あるいは作るのに手間と時間がかかるものが数多くあって、飲食に限っても自給自足は難しい。たとえ「味噌醤油なんて要らねぇ、塩だけでいい。酒は芋焼酎を自産する。芋と豆と野菜と芋焼酎だけで楽しく生きてやる」となっても、食料の自給自足にはなお障害が残っている。
 作物の出来不出来は自然環境に左右される。先だって沖縄島を襲った台風2号は久々の本格派で、豆もトウモロコシもピーマンもナスもオクラもトマトもやられた。甘藷は台風の被害を受けなかったが、いつも害虫にやられ、台風後は特にひどくやられている。他の野菜にも害虫はつき、キャベツやレタス、インゲン、ヘチマなどがやられた。自分が食う分でさえままならないのだ。農業で生活することの難しさを知る。
          

 記:2011.6.17 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自給自足の険しい道:生活編 | トップ | ハシビロガモ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。