ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

命溢れる大地

2013年06月28日 | ガジ丸通信-環境・自然

 梅雨明け前から晴れの日は暑かったが、梅雨明け後は曇りの日でも暑い。1時間も肉体労働をしていると体から水分が滝のように流れ出し、体が干乾びて行くのを感じる。晴れた日の日中はもう大変、肉体労働を1時間続けるのは無理、30分がやっと。動けない。今はまだ午後も働いているが、7月からの畑仕事は午前中だけのつもりでいる。
 太陽の下で肉体労働をすると、筋肉も心臓も長く走り回った車のエンジンのようにたっぷり熱くなる。車は、エンジンが熱くなったら冷やす機能がついている。熱くなりっ放しだとエンジンが壊れる。それと同じように体の熱さは人間を壊す。おそらくそれが熱中症の大きな要因の一つであろう。であれば、体を冷やさねばならない。冷やす道具はビールが一番。というわけで、最近は毎日ビール(発泡酒)。休肝日が無い。

  暑さはしかし、動物達、特に昆虫たちにとっては心地良いようで、なっぴばるには今、たくさんの虫たちがやってきている。やってきているというか、元々そこにいて、土の中から、あるいは草葉の陰から湧いてきている。蝶も蜻蛉も飛蝗も蝉も。
 セミは、シーミーグヮー(クロイワニイニイ)が4月からずっと鳴いており、ナービカチカチ(アブラゼミ)が今盛り。サンサナー(クマゼミ)ももうすぐ鳴き出すはず。
 トンボはどこにでもいるウスバキトンボがここにも多くいて、ショウジョウトンボやハラボソトンボも数回見た。畑小屋の裏に沼があるので、そこを住処にしていると思われるシオカラトンボが数としては最も多い。珍しいギンヤンマも一度見ている。
  チョウは、モンシロは年中いて、冬場は彼らがもっとも多い。モンキも多く見られる。春にはアオスジアゲハが目立ってきて、今は彼らの数が最も多い。畑小屋の裏にタイワンウオクサギがあって、畑の向かいの森にはヤブカラシの花が咲いていて、それらの蜜を吸いに来ているのだ。沖縄で最も普通に見られるシロオビアゲハはもちろん、ナミアゲハ、ナガサキアゲハの姿も見ている。アサギマダラ、カバマダラ、ツマグロヒョウモン、ウスキシロ、ウラナミシロ、イシガケ、ツマベニもやってくる。シジミのいくつか、セセリのいくつかも種類は確認していないが、しょっちゅう飛んでいる。ガの類もおそらく夜になればたくさん飛んでいることであろう。ガの幼虫はたくさん見ている。
 もちろん、その他の昆虫、バッタ、ハチ、ハエ、アブ、カメムシ、ハムシ、カミキリムシ、カナブン(ハナムグリ)などの類もたくさんいる。休憩時間、畑小屋の陰の下で一服しながら畑を眺めていると、彼らのいくつかが常に視線の中に入ってくる。

 今のところ作物の出来は、私の満足が100点満点だとすると、10点ほどしか無い。労働という投資を10ヶ月余も続けているのに、種や道具に多少の金銭も投資しているというのに、これまでに売りあげた野菜の総額は6千円ほどしか無い。それでもまだ、私は無施肥無農薬による農業を諦めてはいない。いつか何とかなると思っている。
 何しろ、私の畑には命が満ち溢れているのだ。これだけの命が生きている大地ならば、人間の私一人分が生きていけるエネルギーもあるに違いない。大地はきっと、作物が育つように造られているはず。農夫がそれに沿うよう努力すれば良いはずなのだ。
 そういえば、去年8月に畑を耕し始めた頃はいなかったミミズが、しだいに増えて行って最近は多く見られる。農夫の努力をミミズは認めてくれているようだ。
          
          

 記:2013.6.28 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コフキゾウムシ | トップ | 仏の顔も備えあれば »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。