ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

バカなアイコー

2016年06月10日 | ガジ丸通信-政治・経済

 私の畑ナッピバルにはたくさんの種類の動物が生きている。「そんないっぱい知ってるんだ、すごいなぁ」と思われたいので、私の知識をひけらかすと、
 チョウの類、アオスジアゲハ、シロオビアゲハ、ナガサキアゲハ、ナミアゲハ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ウスキシロチョウ、ツマベニチョウ、オオゴマダラ、カバマダラ、リュウキュウアサギマダラ、ツマグロヒョウモン、アカタテハ、アオタテハモドキ、ルリタテハ、タテハモドキ、リュウキュウミスジ、イシガケチョウ、バナナセセリ、クロボシセセリ、オオシロモンセセリ、リュウキュウヒメジャノメ、ウスイロコノマチョウ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミなどの名前が私の脳味噌から出てくる。
 ガの類、・・・は止めよう。甲虫の類、セミの類、カメムシの類、トンボの類、バッタの類なども止めておこう。それらの名前を書いているだけで頁が埋まってしまう。

 アイコーとはアリの沖縄語。正式にはアイと言い、アイコーはその幼児語。幼児語だけど普段耳にするのは老若男女問わずアイコーと言うのをよく聞く。私の畑にアイコーの類は、私の知識をひけらかすと3種いる。「たった3種かい!」と突っ込まれそうだが、元々アリと名が付く昆虫は少ない。アリはハチの類に含まれる。ハチの類となると、キアシナガバチ、ミツバチ、クマバチ・・・止めておこう。私の知識では18種ほどだ。
 アリと名が付く私が知っている3種とは、アシナガキアリ、イエヒメアリ、クロヒメアリの3種、この内、イエヒメアリはサシアイと特に名付けられてウチナーンチュから嫌われている。アシナガキアリの体長は3ミリ内外、クロヒメアリの体長は2ミリ内外、イエヒメアリは小さい、文献にその体長の記載はないが、私の見た目で体長1ミリほど。この小さい奴が、靴下にシャツに入り込み、人の皮膚を咬む、これが非常に痒い。
 「人の皮膚なんて美味くも無かろう、美味いものは他にいくらでもあるじゃないか、なんでわざわざ人の嫌われ者になるんだ?バカなアイコーだ」と思ってしまう。
          

 今週日曜日、沖縄県議会選挙の投開票があった。開票速報を出すラジオの特番は夜9時過ぎからということなので、早寝農夫の私は聞けない。朝のラジオのニュースで、県政与党側が数を増やし過半数を維持したと知る。県政与党側は辺野古新基地建設反対派側だ。その側にいる私も「良かった」という気分になる。それはまあそれでいいのだが、ただ、投票率が前回より微増したとはいえ、50%をちょい超える程度であったことを私はとても残念に思う。もっと多く、特に若い人たちが政治に関心を持って欲しいと願う。
 選挙結果に対する各党各人のコメントもラジオから流れた。「それでも辺野古移設が唯一の解決策」と官房長官は相変わらずであったが、もう1つ、「元米兵の軍属による死体遺棄事件という逆風の中、自民党はよく頑張った」とコメントしたのは沖縄選出の参議院議員。事件が自民党に逆風ということは、二十歳の女性の死は県政与党にとっては順風なの?女性の死は選挙の有利不利の材料なの?と私は憤慨する。事件は沖縄県民全てにとって生きる上で逆風となるものである。党派を超えて相対すべきものだと私は思う。
 しかし、「自民党に逆風」発言は自民党幹事長のコメントにもあった。「人の命より選挙が大事」は政治家の普通の感性のようだ。なお、本題とは関係の無い長い前書きは、参議院選挙が近いので当該議員のヘイトスピーチにならぬよう心を配ったため。
          

 記:2016.6.10 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喜びも悲しみも後回し | トップ | かりゆしウェア »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。