ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

子供の季節

2006年05月26日 | ガジ丸通信-社会・生活

 別に、動物の交尾が好きだというわけでは無い。私はそれほど変態では無い。ちょっとは変態だが・・・。交尾していると、近付いてもすぐには逃げないので、接写ができるのである。最近、ハムシ、テントウムシ、カミキリムシなどの交尾の写真が撮れた。
 春は子作りの季節であると共に、子供の季節でもある。部屋の傍の、ヤドリフカノキにシロガシラの巣があって、最近巣立って行った。ちょっと前にはメジロの雛も見た。まだ生まれたばかりのカマキリ、バッタ、カメムシなどの子供の写真が撮れた。
 職場の、物置に使っているテントの中、棚の一番上で何かごそごそ音を立てているものがいる。覗くと、子猫だった。4匹の黒猫。そういえば、2月に、そのテントの近くで白いオス猫と黒いメス猫が交尾していた。写真を撮った。そういった写真が好きなのでは無い。たまたまカメラを持っていて、たまたま目の前でそういったことをしていたので、自然に手が動いて、シャッターを押したのである。私は、変態では無い。
          
 先日、首里城近辺を散歩していたら、龍譚(りゅうたんと読む。そういう名の池)の水辺に、1羽の親鳥と、14、5羽の雛が日向ぼっこをしていた。そっと近付いて、驚かさないように10m手前で止まり、12倍ズームで写真を撮る。私は子供が好きというわけではない。子供より大人の女の方がはるかに好きである。それでも、水辺の雛鳥たちはかわいく思った。親の愛情が溢れていたし、何より、平和であることを強く感じた。
          Mizudoriko
 動物の子供が一人前になるには、数日間とか、まあ、長くても数年くらいのものであろう。その間は、親に守られていなければ生きていけない。子供の季節とは、誰かの援助なしには生きていけない、もっとも不安定な時である。
 人間の子供が一人前になるのには十数年かかる。人もまた、この間は不安定な時期であり、不安定な子供たちは、それぞれ適切な時期に適切な助けを必要とする。その助けができるのは社会全体と、親を含めた一人前の大人たちなのであろう。なのであるが、この頃は、他人を助ける余裕の無い大人が増えているみたいである。
 金持ちになった日本人は、衣食足りてなお、もっと上の衣、もっと上の食を求め、その限りない欲望に心を占められ、他の事を考える余裕を失くしてしまったのかもしれない。そういった大人たちの多い社会で育った子供たちはいったい、将来どんな大人になるのであろうか、大人になった彼らはいったい、どんな社会を築くのであろうか。
 この頃、子供を巻き込んだ悲惨な事件、子供が起こす悲惨な事件が多いように感じる。そういったニュースを観ながら、20年後の日本を不安に思ったのであった。その頃、ヨボヨボになった私が公園で日向ぼっこをしている。その傍を、今よりもっと気性の激しくなった少年たちが通る。ジロっと睨まれる。ひぇー、恐ろしや。
          
          

 記:2006.5.26 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が身のこととして | トップ | 眠った馬の目は抜かれる »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。