ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

お尻を拭くもの

2011年01月06日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 今週訂正したが、訂正前のオオバギを紹介している頁で、
 「オオバギの方言名はチビククヤという。オオバギの葉が昔、雲子の後のお尻を拭くのに使われたことからきている名前。」と私は書いたが、今年(2008年)9月に、宜野湾市に住むTさんから「お尻を拭いたのはユーナ」との指摘があった。父や従姉の亭主に確認したところ、「そうである」とのこと。で、オオバギの頁は訂正した。
 お尻を拭くのに使ったものは他に、サトウキビの葉を乾燥させて結び目を作ったものがあり、ウミンチュ(海人=漁師)はロープも使ったとのこと。

  チビククヤの意味についてもTさんから情報があり、「お年寄りから聞いたところ、オオバギの葉でお尻を拭くとお尻の穴が固まるから」とのこと。これについては叔父に訊いてみた。「その通り」とのこと。さらに、『沖縄の都市緑化植物図鑑』に、オオバギの方言名としてチビカタマヤーガサともあった。尻の穴を固める幅の広い葉という意味だ。ということで、オオバギの葉でお尻を拭くとお尻の穴が固まるということから、オオバギの方言名がチビククヤとなった。ということで一件落着。・・・と思ったが、

  オオバギは沖縄のどこでもよく見かける木で、昔から身近にあったはず。その木の名前が、お尻を拭くまで無かったということがどうにも解せない。オオバギはその葉に特徴がある。お尻を拭く前に見た目から名前が付くに違いないと思うのだ。それに、オオバギの葉には何度も触れた経験があるが、それに粘着性があったという記憶も無い。
 で、実験してみた。実際にお尻を拭いてお尻の穴が固まると困るので、手の平で試してみた。手の平をオオバギで数回擦って、強く握ってみた。5分後、何の変化も無かった。オオバギの葉には感じられるほどの粘液は無い。もしかしたら葉の内 部にガジュマルのような粘液があるかもしれないと思って、オオバギの葉を強く絞り、僅かに出てきた液を手の平に塗り、同じく強く握ってみた。5分後、今回も変化は無かった。

 お尻を拭くのに使ったユーナの葉、調べると、乾燥させてから使用したらしい。ということで、オオバギの葉とユーナの葉を乾燥させてみた。オオバギの葉は薄くて、生の時も破れやすかったが、乾燥させるとさらに破れやすくなった。揉むとボロボロになった。一方、ユーナの葉は乾燥させてもしっかりしている。揉んでも、葉脈の辺りで亀裂が入ったが、全体の形はしっかり残って、いかにも尻を拭く役に立ちそうであった。

 以上のことから、私なりの結論。
 オオバギは葉脈の形に特徴があるが、大雑把に見ればユーナの葉に似ている。ユーナの葉が近くに無ければ、オオバギの葉を代用したかもしれない。ところが、オオバギの葉は破れやすい。破れて手が雲子で汚れるということがあったに違いない。
 そこで、オオバギの葉を、お尻を拭くのに使用させないために「オオバギの葉で尻を拭くと尻の穴が固まる」ということにし、チビククヤと名付けたのではなかろうか。「夜爪を切ると何たら」などと同じ、禁じるための方便ということである。
 あるいは、オオバギの特徴ある葉脈の形、「尻の穴を縛ったような模様」から単純にチビククヤなのかもしれない。などと思うが、正確なところは不明。
     
     
     

 記:ガジ丸 2008.11.15 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハーギシギシー | トップ | 仕来りの生まれ方 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。