ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

スイカ

2011年03月25日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 割るのは好きだが

 沖縄では旧盆になると仏壇にお供え物をするが、御三味(ウサンミ:天麩羅、かまぼこなどの料理)の他、果物も何種類か供えられる。スイカとパイナップルは単独で、ナシ、バナナ、ミカン、リンゴなどは一つの盆に盛られて飾られている。スイカとパイナップルが単独で飾られるのは、それらが大きすぎて盆の上に乗らないからであろう。
 子供の頃、果物はあまり好物では無かったということもあって、供え物の果物の中に私の好物は無かった。好んで食べたのは桃くらいだったと記憶している。バナナやミカンはまだ食べる方であったが、ナシやリンゴは好んでは食べなかった。
  仏壇に単独で飾られている大きい果物のうち、パイナップルの好物度はバナナやミカンと同クラス。だが、缶詰のパイナップルは好きであった。・・・と、ここで気付いた。バナナやミカンは皮が剥きやすくて食べやすい。パイナップルも缶詰なら面倒が無い。生のものでもその皮は厚く切るので比較的楽。しかし。ナシやリンゴの皮は薄く剥かなければならない。面倒臭がり屋の私は、そういったことで好物が決まっていたようだ。

 仏壇に単独で飾られている大きい果物のうちのもう一つ、スイカについては、のどの渇いた時に食べると美味しいと思う。が、普段の場合だとこれは苦手な果物であった。何故かははっきりしている。皮が剥きにくいとか、切りにくいとかでは無い。スイカは、その果肉を口に運んで、口の中で種を分離して吐き出す、その作業が面倒なのである。
 子供の頃から現在まで、以上のような理由で、私はスイカを好んでは食べない。おそらく買ったことも無い。他所で出された時には食べるが、それも1切れで済ませている。ただし、子供の頃、浜辺でスイカを割るのは大好きであった。 
      
 スイカ(西瓜) 
 ウリ科の一年草 熱帯アフリカ原産 方言名:クヮントゥイ 
 漢字では水瓜とも書くが、水分の多い瓜ということであろう。西瓜は、西の地域からやってきた瓜と想像されるが、西の地域がどこなのかは不明。原産はアフリカ中部。
 多くの品種がある。沖縄では球形、やや楕円形がほとんどだが、世界には長楕円形、俵形のものもあるとのこと。そういったものを、私もテレビで見ている。果肉には淡紅・紅・黄・クリーム色などがあり、黄色いのは私も食べたことがある。
 タネナシスイカもあるが、種子も食用となるらしい。皮近くの白い部分を漬物にして食ったりもした。沖縄では今帰仁村が産地として有名。海水浴の後のスイカは格別。

 記:ガジ丸 2006.11.13 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メロン | トップ | ドラゴンフルーツ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。