ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

暑くても彼岸は彼岸

2010年12月18日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 今日は9月21日、昨日が彼岸の入り。「暑さ寒さも彼岸まで」というが、今年はそれがあてはまらない。・・・暑い。今、夜7時。部屋の温度は32度。先々週だったか、沖縄は珍しく涼しい8月となった、なんてことを「ガジ丸通信」に書いたが、ところが、9月に入ったら暑い。沖縄気象台のデータを調べたら、9月の平均気温は平年値を超えている。最低気温の平年値は上旬、中旬が25度台、下旬は24度台、であるが、今年は昨日までの平均が26度を超えている。太陽の熱の威力は8月に比べるといくぶん落ちているので、コンクリートの輻射熱は弱まって寝苦しさは少し和らぐ。それでも夕方からしばらくは、32度という気温、暑い、扇風機もこの時間は役に立たない。汗だらだら。
     

  今日は9月22日、明日が彼岸の中日。「暑さ寒さも彼岸まで」というが、今年はそれがあてはまらない。・・・というのは昨日と一緒。暑い。今日は久々の現場仕事。それも肉体労働。しかも穴掘りという重労働。血豆を作り、筋肉の使い過ぎで今、箸を持つ手が震えている。歳を感じる。若い頃は平気だったのに、今はすごく堪える。
 Tシャツを3回替えた。2時間も動いているとびっしょり汗をかく。びっしょり濡れたTシャツを干して新しいのに着替える。その2時間後、汗に濡れた着ているTシャツを干し、干していたTシャツに着替える。これを繰り返す。濡れたTシャツは2時間ですっかり乾く。それほど太陽の熱光線は強烈。汗はとめどなく滴り落ちる。

  今日は9月23日、いよいよ彼岸の中日。今年は例年に無く暑い彼岸となったが、それでも彼岸は彼岸。今宵はおはぎを肴に日本酒を飲もうと予定している。さて、ところで、そのおはぎ、本名は萩の餅という。軽く突いた米を小さく丸めて餡子や黄な粉などをまぶしたものであるが、広辞苑を見ると、「煮た小豆を粒のまま散らしかけたのが、萩の花の咲きみだれるさまに似る」とあった。なんと、「煮た小豆を粒のまま散らしかけた」というのは沖縄の餅「フチャギ」のことではないか。そうか、やはり、倭国でも昔はフチャギを食っていたのだ。フチャギこそが正統派なのだ。それではフチャギを今日の肴にしなければとスーパーに行く。が、フチャギは6個が1パック、とても食いきれそうに無い。仕方なく当初の予定通り、おはぎを買うことにした。おはぎは4個入りだった。

 沖縄での彼岸は「祖先供養のまつり」と文献にあった。「仏前に餅や重箱料理と酒を供える」ともあった。確かに、スーパーにはお彼岸用の食物がいくつも並んでいた。
 なお、萩の餅は、牡丹に似るからボタモチ(牡丹餅)ともいうと広辞苑にあった。
     
     

 記:ガジ丸 2005.9.21~23 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬草の飲み屋 | トップ | 秋は来(き)ぬ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
は~ち~も~の~だ~よ~♪ (花ギフト館のブログ)
花の事なら『花のギフト館』へ♪