ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

実家の想い出

2010年07月09日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 6月29日の夜から実家で生活している。1階にダイニング、リビング、仏間、洗面所兼作業場、風呂、トイレがあり、2階に4つの寝室、2つの畳間、書斎、トイレ兼シャワー室等々のある家。もっとも、一つ一つの部屋が狭いので豪邸というわけではない。50坪に満たない敷地に、いっぱいいっぱいに建っている四角い家。
 それだけ部屋数のある家は当然ながら、オジサン一人が住むには広すぎる。風通しのために毎朝部屋部屋の窓を開けているが、それだけでも面倒に感じる。それだけでも面倒なのに、掃除やら部屋の整理やらあり、屋上やベランダの鉢物への水遣りもある。住んでから10日ばかりになるが、1階の各部屋は掃除できたが、2階は、自分が寝るところ以外はまだ手をつけていない。部屋の整理整頓も、台所の一部と自分の部屋がやっと終わったところ。住むとは「人が主」と書くが、私は家の主ではなく、家に使われている。

 実家は、私が小学校二年生の頃から今の場所にあるが、建物は二代目。二代目は私が大学生の頃に建てられている。大学を卒業して、東京から帰って、その新しい家に住み始めた。以来、28年が経っている。この28年のうち16年余はアパート(シロアリが発生して現在修理中の)に住んでいるので、実家で暮らしたのは12年ほどである。
 その12年、私はずっと居心地の悪さを感じていた。自分の部屋から外へ出るには父の部屋の前を通り、そして、母の部屋の前を通らなければならない。何か常に監視されている気分であった。好きな女ができても、部屋に連れ込めないのであった。で、16年ちょっと前、そんな家から出て、一人アパート住まいを始めたのであった。が、しかし、せっかく手に入れた自由ではあったが、女を連れ込んだのは数回しかない。

  そんな話はさておき、実家で暮らしていると思い出すことがいろいろある。
 私は料理をするので台所を使う。で、すぐに台所の掃除、整理整頓を行った。母が死んで2年半になる。台所は母仕様から姉仕様に変わっていた。賞味期限切れの調味料がいくつもあった。母にはあまりなかったことだ。冷蔵庫がごちゃごちゃしている、冷凍庫には食べ残しのものがいくつもある。それらも母にはあまりなかったこと。
 先日、ざるうどんを食おうと台所に立った。母の麺つゆを思い出した。うろ覚えだが、母の作り方を真似て作る。「醤油がちょっと薄かったが、まあ、こんなもんか」という出来栄え。今から考えれば、母の麺つゆは追いガツオ仕立てであった。
  実家の「私のもの」を整理しようと思い、私の部屋と父の書斎にある私の本を出して並べた。写真はずらっと並べた私の(漫画の一部は甥たちのもの)書籍類。父の書斎から出した中には私が小学校の頃に読んだ古い本が数冊あった。懐かしく思った。親が残しておいてくれたようだ。中学の頃のもの、高校の頃のものも多くあった。想い出深い数冊は処分保留とする。母は、お金の使い方に厳しい人であったが、本はよく買ってくれた。
          

 父の書籍には政治関係など硬めの本が多いが、政治関係の本には、現役政治家の本も多くある。管直人著作も2冊あった。「消費税も議論したい」と言っただけで、消費税が選挙の争点になってしまっている缶な音総理だが、私の父はファンだったみたいだ。父は元は保守系支持者であったが、今はどうなんだろう。参院選は誰を応援している?
          

 記:2010.7.9 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弁ヶ岳公園 | トップ | 奥武島 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。