ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

もう一人の自分

2014年05月02日 | ガジ丸通信-科学・空想

 2月、ガジ丸HPに載せた『幸せな分身、真迦哉』というタイトルの「お話」、大雑把にいえば、起きている間の自分と寝ている間の自分は別々の人格を持ち、別々の人生を生きているが、心も体も一つで、どちらも「私」の内ということを書いている。
 起きている間の自分は、女性をベッドに寝かせ、ブラのホックを外したり、パンツを脱がしたりすることは滅多にないが、寝ている間の自分は、それが頻繁にある。彼はほとんど躊躇することなく行動する。同じ脳なのに、お互い思考方法が違うみたいである。
 謂わば、寝ている間の自分は脳幹(本能)優位の自分で、起きている間の自分は前頭葉(自我とか理性とか)優位の自分なのかもしれない。本能は理性の箍(たが)を外し、自由気ままに行動するわけだ。理性からは自由であっても、そこにはしかし、別の箍がきっと締められている。だから、夢の中であっても経験したくない事に出会う。

 私が楽しい夢ばかり見ているのは、起きている間の自分が楽な生き方をしているからだと思う。楽しい夢を見るには、現実の自分が「楽な人生」、あるいは「生きていることが楽しい人生」であることが大事ということだ。親もいなければ女房も子供もいない天涯孤独のオッサンは、恋人もいないし、貧乏だし、地位も名誉もないので「生きていることが楽しい人生」とまでは言えないかもしれない。でもしかし、家族も恋人も、地位も名誉も金もとうに諦めているので、「幸せを得るためにはこうしなければならない、こうあらねばならない」といった縛りが無い分、「楽な人生」とは言えるだろう。
 「楽な人生」は、元来の楽観的性格のお陰だと思う。楽観的なので夢も楽しいものを見る。楽観的性格ではない人達が不幸な夢を見やすいのであれば、同情するしかない。アドバイスできることがあるとすれば、「諦めなさい」と言うしかない。楽しくない夢も見ていた若い頃、私はきっと欲望に満ちていたのだと思う。「あーしたい、こーしたい」と思うことがたくさんあって、それらを夢の中で達成しようとしていたのかもしれない。夢の中でも達成する自信が無く、毎夜、大きな不安に襲われていたのかもしれない。

  2月、従妹の娘、可愛いS嬢は、大学受験の最中であった。その頃、何度か彼女の話し相手になり、1度は勉強を教えにも行った。その頃、彼女は「浪人なんてしたくない。でも、大学に受かる自信もない」と不安を漏らしていた。さらに、看護学科を志望しているのだが、看護師という職業が特にやりたいことではなく、「じゃあ、あんたが将来やりたい仕事は?」と自問しても他に見つからず、悩んでいるとも言う。
 そこで、オジサンは「なるようになるさ」と思ったが、それは口にせず、「大学に受かっても受からなくても、看護師になってもならなくても、幸せになる道はいくらでもあるよ」とだけアドバイスした。彼女は笑ってくれた。そして、それから数日後、大学受験が失敗という結果となった後の彼女に会った。彼女は意外に明るかった。「専門学校へ行くことにした」と言い、自分の目指す方向が何となく解ってきたと続けた。

 私の中の「もう一人の自分」は夢の中の真迦哉になるが、若い人にとっての「もう一人の自分」は「将来こうありたい自分」だと思う。S嬢が自分なりにあれこれ考えて描いた「もう一人の自分」、それはきっと、彼女の幸せに繋がると期待している。
          

 記:2014.5.2 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オキナワマルウンカ | トップ | イワサキクサゼミ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。