ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

子供たちは空を飛ぶ

2009年10月02日 | ガジ丸通信-社会・生活

 学校が夏休みであった8月下旬の1日、従姉の孫、男の子二人(7歳と5歳)を遊びに連れて行った。才色兼備の彼らの母親も一緒で、彼女の車、彼女の運転で出かける。
  場所は、私がトンボ公園と呼んでいる沖縄市の公園。子供達や美人妻にとっては初めての場所で、私も約1年ぶり。トンボ公園はしかし、池の水が半減していて、そのせいか、昆虫の数も激減していた。去年は多くの種類、多くの数のトンボが乱舞していたのに、ハチやアブ、チョウやバッタも多くいたのに・・・、あてが外れてちょっとガッカリ。

 子供達も少々不満が残ったに違いない、いつかその埋め合わせをしなくちゃあと思い、今度は近場だが、那覇市の原生林が残っている末吉公園へ連れて行こうと考えた。
 9月になって、子供達の母親、才色兼備のアラサーにその旨メールした。子連れの美人妻と不倫デート気分も悪くないのだが、「できれば亭主も一緒においで」と追記した。すると、「一人で子供二人の面倒をみるのは大変ですか?」と返信がきた。
 私がこれまでに遊び相手をした甥たち、友人の子供達に比べると、彼女の子供達は「女の子か?」と思うほどに大人しい。なので、面倒を見るのは楽勝である。ただし、大人しいといえど子供は子供、子供は空を飛びたがる。その行動を常に注意して見ておかなければならない。目を離すと、どこへ飛んでいくか分からないからだ。

 自分の欲求が満たされないと駄々をこねる。泣き喚いて自分の要求を通そうとする。周りの迷惑を顧みず我儘にふるまう。こういったことは子供のすることである。子供のほとんどは、感情を押さえつけて我慢することができない。感情を抑えて我慢するという修行はこれからである。その修行を積んで、彼らは大人になっていく。
 ただし、感情を押さえつけて我慢することは、人として身に付けるべき力だが、感情を思いっ切り発散することもなければ、豊かな感性は育たないのではないかとも思う。自由に空を飛び回るような心の開放が、子供たちには必要だと思う。
 というわけで私は、我儘で自己主張の強いアメリカ育ちの甥や、比類なき暴れん坊(かつて保育園から退園処分を受けたほど)の友人Hの息子たちを遊びに連れて行った際は、できるだけ、彼らの行動の、制限のハードルを低くした。
  子供達は動き回る。我儘と暴れん坊は大人が予想しない行動を取る。彼らの動きを追いながら、ここまではいいが、これ以上はダメということも考えながら、常に監視する。大人たちは心の休まる暇が無い。子供達の体をロープで縛って、一方を木に括りつけて、ロープの長さの範囲外には行けないようにしてやろうと、何度思ったことか。
 そんな子供達も、感情を抑えて我慢するという修行を積んで、大人になった。暴れん坊は大学を卒業し、親の店を手伝い、これまでいい加減だった経営、経理について、親に意見し、教育をするまでになっている。見事な育ちっぷりである。

 さて、去った日曜日の午後、従姉の孫二人とその父親を連れて末吉公園を散策した。子供達はバッタ、チョウ、トンボ、カエルなどを見つけ、遊具で遊んだりもして、たっぷり楽しんだ。彼らの心は空を飛ぶことができたと思う。二人の監視は父親がしっかりやっていた。お陰で私は概ね自由、オジサンもまた、気持ち良く空を飛ぶことができた。
          
          

 記:2009.10.2 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 引き返す勇気 | トップ | 瓦版096 空に空がある限り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。